忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネット副業をやってもうまく稼げないのはなぜか

1.はじめに

無職が副業で稼げない、という検索ワードがあったため書いてみます。 無職なのに副業とはこれ如何に、といったところですが、いわゆるサラリーマンの副業のことを示すと思うので、以下それを前提に。

2.稼げないのが当たり前である

副業と言っても、筆者はアフィリエイトの事情ぐらいしか知りませんけど、アフィリエイト界隈には大多数が月5,000円も稼げないという話があります。 これは、日本アフィリエイト協議会が毎年アンケートで発表してるデータが元になっています。

日本アフィリエイト協議会

例えばアフィリエイト市場調査2015において、月3万円以上のアフィリエイト収入があるのは全体の4.0%であると報告されています。 残り96%は月3万円以上の収益を得ることができないのです。

これを無理やり表現すれば、無職で副業に取り組んだところで、96%の確率であなたは3万円未満の収益に終わります。 一方、仮に3万円以上稼いだとしても、そこから生活していけるだけの収入を稼ぐのは至難の業です。

トップ1%ぐらいを目指さなければいけない世界かもしれませんね。

つまり、アフィリエイトに限って言えば、稼げないのが当たり前なのです。

おそらく他のネット副業も似たような分布になると考えられます。 雑誌「ビッグトゥモロウ」のように、副業で一攫千金でうはうはです、みたいな本やウェブサイトやらを見ていると、稼げて当たり前のように感じてしまいます。 が、実際には表に出てこない大量の「脱落者」がいるのです。

これら副業で頑張るよりは、バイトでも始めるほうが遥かに楽なはずです。

3.稼げないのはなぜか

では、なぜ稼げないのか、というお話。 夢の無い話をすれば、金銭や投入能力などにおいてライバルとの優劣が現れている可能性が高いからです。

ネット副業というと個人で片手間でやっているイメージが強いですが、その実体はビジネスであって競争社会でもあります。 ゆえに、あなたのライバルに当たる人物や組織が、あなたよりも豊富な資金力や優れた組織を持っていれば、勝負に負ける可能性は高くなります。

豊富な金銭があれば外注に出すことも組織を作ることも可能です。 他人の力を借りることが出来れば、その処理能力は大幅に上がります。

しかも彼らは専業として、毎日それを仕事にしているわけです。そこに1日30分みたいな片手間でやっていても勝負になりません。

また、どれだけ儲かる話を見つけられるか、という点も大きく影響します。

例えば、その界隈の有名な方が、「あのジャンルは儲かる」と発言した時点で、多くの閲覧者がそのジャンルに参入されることが予想されます。 そのジャンルはライバルが多数存在するレッドオーシャンになる可能性が高いです(既になっていることが多い)。 そのようなジャンルは日々競争が重ねられており、アイディアと作業量の勝ったほうが上にでる、といった状態です。

そして忘れてはいけないのが、その分野における知識量の差です。 既に参入している多くのライバルは、あなたが有していない豊富な知識量を持っています。 あなたはその中に割って入ろうとしているのです。

最初は素人でも良いのですが、1年後も素人に毛が生えた状態であっては、稼げなくても当然です。

結局、資本なり能力なり作業量なり、何か抜きんでるものが無いと厳しいのです。 ネット副業なら簡単に稼げると宣伝されているのは、その宣伝者に利益があるからです(忍者ブログでアフィリエイトしている話という記事が好例なように)

あなたが現在無職ならば、豊富な時間があると予想されます。 それで、もし「1日30分の片手間では稼げない」と嘆いているのであれば、それはあなたの戦略ミスです。

4.ではどうするか

知識も金銭も無いのであれば、作業量でカバーするしかないです。 たとえ効率が悪いとしても、あなたがやるしかないのです。

幸いなことに、凄く真面目にやっていれば、そのうち知識が身についてきます。 また売り上げも伸びてくれば、外注化などの選択も可能になりますから、まずはそこまで達するのが目標になるでしょうか。

ただ、実際のところはそこに達する前に辞めてしまう人が大半だと思います。 だって継続するのは難しいから。

5.おわり

ネット副業というと、誰でも同じスタートラインから始められる、というイメージがありますが、実際はそうではないのです。 人によっては既に走っているし、人によっては恐ろしく後方からのスタートになる、という現状は知ったほうが良いと思います。

もちろん、恐ろしく後方からのスタートになったとしても、周りを抜いて行く人達もいます。 それでも、全ての人を挽回させられるだけの秘策にはならないのです。

なお、この手の話は「じゃあ具体的に儲かる話は何?」ってところに行くんですけど、そこはネットワークビジネスの勧誘を受け(そうになっ)た話に書いたとおりです。 普通は、自分自身の儲け話を他人に教える人はおらず、その中で「笑顔で寄ってくる人物」には注意を要するのが社会の常です。


インターネットのシロサギ達~ネットの嘘と危険から貴方の身を守る方法~

関連記事

最終更新:2016/07/04

拍手[0回]

出来る人のお金の増やし方という本を買ってみた!

1.はじめに

「出来る人のお金の増やし方」という本を買ったので紹介してみます。 ひさびさのお金にまつわる本です。

2.出来る人のお金の増やし方とは

その名の通り、お金を増やすことをテーマにした蓄財哲学の書籍です。

「お金持ちはこうする」「お金持ちはこんな生活をしている」といった本ではなく、「お金を増やすために何をすべきか」とお金を増やす方法を説く書籍です。 お金を増やす、もしくは減らさない考え方をルールと呼び、計116のルールを解説します。

各ルールは、投資をしようとか借金はさっさと返そうといったものから、仕事に対する取り組み方などを説きます。 割と幅広くネタを扱っているため、実はお金儲け以外のシーンでも役立ちそうな話題もあります。

全体的には、具体的な事例の少ない自己啓発書的な書籍です。

なお、1ルールは見開き2ページで解説されているので、どこまで読んだかや前後関係を気にせず、気軽に読めるのが特徴です。

著者であるリチャード・テンプラー氏は過去にも仕事の仕方や人生の生き方など、様々なテーマにまつわる書籍を出版しています。

それら書籍には全てRulesという単語がつくことから、まとめて「Rulesシリーズ」と呼ばれているようです。

3.興味深い言葉

本書を読んで、いくつか興味深い言葉をご紹介します。

お金は人を差別しない

これは最初のルールです。 お金は人を識別することはできないので、あなたにお金持ちになる資格があるかどうかは判断できない、というものです。

加えて、あなたが今日お金を手に入れられなかったのであれば、その原因はお金ではなくあなたにある、とも説きます。 なかなかに厳しい言葉です。

端的には、「あなたが貧乏なのはあなたの責任だ」と言っているようなものですから。

お金が欲しいなら行動するしかない

結局はこれです。 お金を稼ぐためには、それを稼ぐための行動と努力をしなければいけないのです。

個人的には「天才と呼ばれる人の多くは、単に一般人より努力しただけ」だと最近思い始めています。 例えば、良い曲を書くDTMerがいれば、その人はそこらのDTMerより多くの経験を積んでいる、という解釈です。

もちろん生まれ持った才能もあるでしょうが、だいたいの人は生まれた時点ではそんなに大差はないでしょう、と。

お金の話も結局これだと思っています。 お金がないなどと悩んでいる暇があったら、何か稼ぐ方法を考えたほうが良いのです。

うまい話は疑ってかかる

これは実生活で役立つ話です。 ちょうど、ネットワークビジネスの勧誘を受け(そうになっ)た話なんて話を書いた直後でしたね。

本書の特徴は、全編が哲学的な話に終始するのではなく、実生活で注意すべき点なども触れている事が挙げられます。 この手の詐欺の話は、他にも数ページで出てきます。

似たような言葉に、「誰もあなたをお金持ちにしてくれない」というものもあります。 冷静に考えればそうだと分かるのですが、この手の儲け話に引っかかる人は多いんですよね。

4.実用的な話題は役立つよ

基本的にお金儲けの本は、

  • 事業を起こしてがむしゃらに働け
  • 投資でお金を運用しろ

という展開になりやすいので、具体的な儲け話を求めている人にはあまり役立ちません。 具体的な儲け話が知りたいならば、稼げる資格みたいなムック本を読んだほうが早いです(実際に儲けられるかは不明)

ただ、本書は「お金を必要以上に減らさない」という観点で、実用的な話題がいくつか出てきます。 これもお金を増やす方法の1つです。

例えば借金に関する考え方があります。

お金にまつわるよくある失敗談として、クレジットカードのリボ払いがあります。 リボ払いは毎月の支払額が小さいために、一見すると利用者に魅力的な制度ですが、実体は支払いの大半が利息にあてられており、借り入れ元本はほとんど減っていなかったというオチが付きます。

本書は、リボ払い云々以前に「借金はするな」と説きます。 また借金をした場合でも、いつくかの対処例を挙げつつ、返済を優先するよう述べています。

上記の詐欺話に注意しようというのもその1つです。 これについては話題の重複も見られますが、重複してまで述べているのですから、それほど重要なことだと解釈することが出来ます。

日本では、この手の話を勉強する機会が無いので、自衛のためにも自発的に学んでおくべきです。 失敗してから「失敗した!」では遅いので。

5.おわり

というわけで、「出来る人のお金の増やし方」の概略でした。

本書は実用書と自己啓発書のエッセンスがそれぞれ上手く取り入れられています。今まで積極的にお金を稼ぐことに縁が無かったとしても、「自分でもできる」と背中を押してくれる一冊です。

割とテーマが幅広いので、お金にまつわる知識を全般的に広く知りたい方にオススメです。必ずしも投資云々に結びつける本ではないので、堅実に貯金で資産を築きたい方でも読むことができます。

ちなみに、一番最後に苦笑い物のルールを紹介しておきます。

「社会の現実を受け止める」

社会の仕組みがおかしいなどと不満を言ってもしかたがない、だそうです。 たしかにそうですね笑

kindle版のほうが安いです。ちなみにkindleの電子書籍でPCやスマホのアプリなどでも見れるのですよ?私は最近知りました。


できる人のお金の増やし方

関連記事

擬似タグ : /お金持ち本 | /成功哲学 | /書評

最終更新:2016/06/29

拍手[0回]

ネットワークビジネスの勧誘を受け(そうになっ)た話

1.はじめに

さすがに30うん年も生きていると、宗教やら怪しいビジネスやらの勧誘を経験する機会も出てきます。 たまたま不在中にあった話で、面白い話にならなかったのが残念でたまらないのですが、ネットワークビジネス(いわゆるマルチ)の勧誘を受けました。

「無職相手に勧誘するなよ」と思うんですが、逆に無職だから鴨ネギになると思われるんでしょうね。 「無職→就職やお金に困っている」などと連想するのは容易いですから。

2.ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネス、いわゆるマルチ商法とは、ピラミッド方式で構成された組織の上から下へ商品を販売することで、販売側にリベートが入ってくることが期待される商法のことです。日本では悪いイメージのほうが多いですが、アメリカでは某有名企業が存在するなど、必ずしも失敗するとは限らないビジネスモデルのようです。

ネットワークビジネスの大きな特徴は、各会員が勧誘を行い、会員自身の配下に新しい会員をつけることで、鼠算式に組織を拡大させていくことにあります。一説には、商品売買のリベートよりも、新しく会員を見つけることでの収入が大きいそうです。

配下につく会員数が多くなるほど、自身の手元に来る収入も大きくなるんだとか。それで成り立つ会社もあるのですから、成功すれば会社を建てられるほどなのでしょう。

一方、ネットワークビジネスが問題なのは、ピラミッドの下にいる人間ほど損をしやすい点です。 本当かどうかは知りませんが、販売用商品は組織の会員が自費で購入するらしいので、その商品を買ってくれる買い手を見つけられなければ、確実に損します。

しかし、会員になれる人の数には限りがありますから、必ず一番下の階層に位置する会員は存在し、損をする人が出てくるのです。

ちなみにねずみ講は法律違反ですが、ネットワークビジネス自体は法律違反ではないようです。 ただし、会員勧誘の際に特定商法取引法などの法律に触れている可能性はあります。

「会員になると絶対儲かりますよ」という断定的判断の提供も法律違反です。

3.なぜ勧誘にひっかかってしまうのか

影響力の武器を買ってみた!で示した「影響力の武器」によれば、以下のような誘導テクニックを利用すれば、「承諾」を得られると示されています。

  • 何かしてもらったことに対してお礼がしたい(契約したい)と感じる返報性
  • 一度Yesと言うと、その後Noと言いにくくなる一貫性
  • 研究者や有名人のお墨付きを与える社会的証明
  • 人は自分を好いてくれる人を好きになる好意

例えば、新聞の勧誘員がトイレットペーパーや洗剤を持ってくるのは返報性の法則を利用した勧誘例だと考えられます。 契約に至らなければ赤字ですが、契約に至れば毎月の新聞契約料というストック収入(ストックビジネスの教科書を買ってみた!)が手に入りますから、トイレットペーパー代は簡単に回収できるのです。

また、水素水や酵素ドリンクなどの疑似科学(的)な商品は、研究者の論文を元に効果をアピールしていることも多いです。 昼間やってる通販番組では、白衣を着た研究者がいろいろ効能を語るシーンもあったりしますよね。

ネットワークビジネスや情報商材の勧誘においては、「不労所得」や「夢をかなえよう」というキーワードが良く使われるようです。 この場合には、「一貫性」と「好意」を使った勧誘になるでしょうか。

すなわち「今の生活は辛いですか?」「生活を変えたいとは思いませんか?」とYesを言わせ続けると同時に、「あなたの夢を応援する」と親しさもアピールするのです。 もし、勧誘を受けた人が「働きたくない」や「自分にはあまりと友達がいない」などと思っていれば、これらのキーワードでイチコロだと思います。

実際には、一般の会員はそこまで上手く勧誘できないことも多いらしいので、「先生」と呼ばれる人が出てくることも多いようです。 彼らは高級車やブランド物で「武装」していることも多いため、それは社会的証明に繋がるでしょうか。

「実際に稼いでいるんだろう。高級品を身につけているのだから」と。

4.普通儲け話は誰にも教えないよ

冷静に考えるとこれなんですけど、普通儲け話って誰にも教えないですよね。 全ての人が同じ儲け話を共有してしまったら、それは儲け話ではなくなるからです。

加えて、なんの取りえもない一般人に儲け話を持ってくる時点で不自然です。 もし、そのような自体に遭遇したら、なんらかの意図があると勘ぐるべきです。

著名な投資家であるバフェット氏が発言したとされる言葉の中で以下のようなものがあります。

「ゲームの中で誰がカモかわからなければ、あなたがカモだ」

5.おわり

というわけで、ネットワークビジネスの勧誘を受けたけど、筆者は不在だったという話です。

余談ですが、その勧誘してきた方は、以前催眠商法かなんらかの詐欺的な取引に引っかかっていたそうです。 今回の話以外にもなんだか怪しい話を複数知っています。

不思議なことに、一度詐欺に引っかかった人はその後何度も引っかかることがあるようです。 詐欺でお金を失ったことで、「お金を取り戻したい」という感情につけ込まれるのだとか。

ご家族とか、止めてあげないのでしょうか・・・。

関連記事

擬似タグ : /はいと言わせる方法 | /物を売る方法  | /ネットワークビジネス

最終更新:2016/06/26

拍手[0回]

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[05/02 お]
[07/29 かんりにん]
[07/23 ライルイ]
[11/14 管理人]
[11/11 鈴木隆夫]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。