忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

アフィリエイトをやり続けている簡単な理由

1.はじめに

このブログの収益性を考えて、アフィリエイト関連のコンテンツは消してアドセンスでも貼ろうかと思ってたところ、「本音トークありがとう!」的なメッセージを頂いたので、もうちょっと消さずに記事を増やしてみようと思う筆者です。

個人的にアフィリエイトに力を入れる理由はきちんと明確な理由があるので、今回はそれを紹介します。 とても簡単で合理的な理由です。

ただ、筆者は本日クラブで朝帰りのためにちょっと頭は働いていません。変なこと書いてるかも。

2.介護の問題を避けよ!

2016年現在、個人的にアフィリエイトを推す理由は、将来生じうる介護の問題への対策だったりします。 もう、これ以上何も説明することないですよね。

筆者が説明するまでもなく、介護は現在日本において社会問題の一つです。 お金たくさん、兄弟もいっぱいみたいな家庭なら問題にならないのですが、一方で貧困家庭で兄弟も少ない、みたいな状況ほど泥沼になる可能性が高いです。

特に子供が独身で親戚関係も薄い場合、おそらく介護の負担を背負うのはその子供の役割です。 じゃあ、その時仕事(自分の人生)と介護どっちとるの?って話になったら、あとはテレビや週刊誌で書かれているとおりの結末が待っています。

雇われて働くことしか術を知らない人が40とか過ぎて失職すると、その後は悲惨です。

本来は、親は子を捨てて、彼ら自身がなんとか対策を打つべきだと筆者は考えます。 だって子供の人生をこれから死に行く親に投資するなんて、絶対回収できない投資に決まっているじゃないですか(日本の国全体がそういった施策になっているのが問題)。

でも、数としてみた場合にはそういったことが言えても、じゃあ自身の親の助けを振り切れるか、というとなかなか難しいですよね。

というわけで、それに対する秘策が自営なのです。

3.アフィリエイトが切り札になる理由

これはアフィリエイトというストック性(ストック性についてはストックビジネスの教科書を買ってみた!)です。 仕組みを作るまでに多大な労力を必要としますが、それさえ回ってしまえばあとあとほったらかし回収できる(可能性が高い)というものです。

実際にはアフィリエイトサイトをほったらかしても100%回るか、といえばいずれ回らなくなってくることも多い(ネット副業をやってもうまく稼げないのはなぜかで触れたようにライバルがしのぎを削るため)です。

しかしながら、例えば筆者が連休中にサイトほったらかしでクラブに行ってきたように、ある一定期間ならほったらかしても大丈夫ですし、何しろ自営業ゆえに首を切られる心配もありません。

だから、個人的には

  • 売れるサイトを保有する
  • 売るためのノウハウを身につけておく
  • 余剰資金は別途投資などの収入源にあてる

などを対策を、介護の問題などが生じる前に講ずるのが良いと考えています。

あとはどれだけ早いうちに対策を講じられるか、です。

もちろん売れないと悲惨なので、万人を解決させる秘策になるとは思いません。どうやっても向かない人には向かないと思います。それを踏まえても、問題が現実化する前に試しておくべきでしょうね。

4.おわり

というわけで、当初は会社を辞めるために始めた(無職1か月間にやったことあれこれ)アフィリエイトでしたが、現在はもう少し将来を見据えた話になってきました。

ほんと良い業態のネタを掘り当てたものです。 我ながら2年前の自分を褒めてやりたい。

一応、将来への備えとしては上記を視野に入れているものの、もちろん「どうせやるなら社長になりたいよねー」的な野心があるのも事実です。 物事を推進するには、あれこれ強い想いがあったほうが良いですよね。

「片手間30分でぼろ儲け」みたいな想いでは、「三日やったけどうまくいかねーじゃん」で挫折するのがオチなので。

と、今月183円しか売ってない人が申していました。

・・・・このブログ、割と昔から手をかけているのに、何やってもダメなんですよね。 ゆえに筆者はプロブロガーには向いていないと思います。

あー頭痛い。

関連記事

擬似タグ : /アフィリエイト | /介護 | /戯言

最終更新:2016/07/19

拍手[0回]

インデペンデンスデイ リサージェンスを見てきたのでネタバレ感想を書いちゃう

1.はじめに

インデペンデンスデイ リサージェンスを見てきたのでネタバレ感想を書いちゃう。

なお、観てきたのは大人の事情で3Dの吹き替え版

2.インデペンデンスデイ リサージェンスとは

説明不要、90年代の著名な映画の1つであるインデペンデンスデイの20年ぶりの続編作。粘液ネバーの宇宙人がバリアを張った巨大円盤宇宙船で攻めてきて、主要都市や軍隊は壊滅するのものの、アメリカ大統領の「今日は人類の独立記念日だ」というかっこいい演説とともに反撃するというお話。

その作品の20年後という設定がインデペンデンスデイ リサージェンス。撃退した宇宙人の技術を解明し取り入れたことで、少々スターウォーズ色を感じる世界になっています。

監督はローランド・エメリッヒ氏。日本ではゴジラ(巨大イグアナのあれ)、デイ・アフター・トゥモロー や2012の監督として有名です。

3.良かったところと悪かったところ

悪かったところ

最初に悪かったところから。3点紹介します。

まずは前作に比べて盛り上がりが薄いと感じた点です。

前作では、いきなり宇宙人が攻撃してきて都市は壊滅し、残された戦闘機も敵のバリアを破れず、術がないという状況からの逆転劇です。戦力において越えられない壁があったのです。

一方、リサージェンスでは敵側の技術を吸収してしまったため、最初から同じ立ち位置にいて、対等に戦えてしまうんですよね。

ので、インデペンデンスデイというより少しスターウォーズの戦争を見ているような感じに思いました(ただし筆者はスターウォーズをしっかりみたことが無い)。

次に、戦いに出て行く過程でパイロットが「今日は独立記念日だ」的なことを言うのですが、あまりシーンに適していないように感じた点です。吹き替えのせいかもしれませんが、そのタイミングで言うには少し軽すぎるのではないか、と。

もちろん後のほうに前作の大統領(本作の大統領は劇中であっさり死ぬ)演説のシーンもあるので、そこは前作を彷彿させる点。

そして最後に、超巨大宇宙船は結局そのまま帰っていくというオチです。ここは後述する映像美を作るための演出なんでしょうね。

良かったところ

良かったところは2点紹介します。

まずは重要な登場人物は前作をそのまま引き継いでおり、今回も前作同様に活躍する点です。20年という長さゆえ、「この人誰だっけ」って思うこともあるので、事前にDVDなんかで予習していくと話がつながります。

前作で重要なポジションだったヒラー大尉は飛行機事故で亡くなったという設定になっており、写真などのみでてきます。前作で宇宙まで行ってたのに・・・(大人の事情なんでしょうけど)

もう一つは、言うまでもなく映像の美しさです。おそらく破局的映像を描かせるなら、この監督の右に出る人はいないのでは、と思うぐらい。

今回は特に超巨大宇宙船が地球に着陸する際に、着陸地域である北大西洋全域が壊滅する状況が描かれます。ビルや橋が崩れ落ちる間をぬって飛行機(輸送船)が飛ぶ映像は、「2012」を彷彿とさせます。

小さい画面だとどうしても迫力がないため、映画館ならでは映像を楽しむことができました。

4.おわり

結果として、内容は少し大味だが映画館で観れてよかった、といったところです。レンタルになったらまた見ると思います。

繰り返しになりますが、映画館に行く場合には一度前作の登場人物を振り返ってからいくと楽しめます。映像配信サービスなどを利用すれば、わざわざDVDを借りにいく手間も不要です。

なお、リサージェンスの最後のシーンでは、重要かもしれない台詞が出てきます。詳しくは実際作品をご覧になってお確かめください。


インデペンデンス・デイ (字幕版)

拍手[1回]

ChromebookでAndroid向けのアプリが使えるようになるらしい!今すぐ欲しい!

1.はじめに

グーグル先生の庇護(?)のもとで生かされている筆者ですが、ここんところChromebookが欲しくなってきました。 WindowsもMacBookも持ってるし、Linuxも仮想マシン上で使ってることを考えると、主要OSは一通り制覇したいな、なんて。

WindowsやMacに比べると認知度が低く、まだまだデジタルガジェット好きな人向けの製品だと思いますが、今年ちょっと魅力的な話になりそうなので興味が沸いています。

2.Chromebookって

Chromeといえばグーグルのウェブブラウザですが、ChromebookはChrome OSと呼ばれるグーグルの独自OSを搭載したパソコンのことです。 ベースはLinuxカーネルだそうです。

Chrome OSの特徴はウェブブラウザのChromeが全てで、あとはオンライン上のアプリケーションを使います。 ネットに繋がっていないと話にならないパソコンです。

筆者はまだ使ったこと無いのですが、グーグルのオンラインサービスには、Googleドキュメントやスプレッドシートなど、いわゆるオフィススィーツも揃っています。 これらはMicrosoft Officeの代わりになるもので、Chromebookもビジネスユースが可能であることを示しています。

また、Chromebookはグーグルアカウントと紐付いたGoogleドライブを利用して様々なファイルをオンライン上に保存することも可能です。というより、Chromebookは内部のストレージ容量が少ないため、全てオンラインストレージに保存します。

なんだか昔パソコンがおそろしく貧弱だった頃のクライアントサーバーモデルみたいな感じです。

なお、忘れてはいけない点として、価格が非常に安価であることも挙げられます。 Windows PCの場合、良い物を買おうとすると軽く10万近い価格帯になるのに対し、Chromebookの価格帯はおおよそ3万円前後です。

大したことやらないならWindows買うよりもこちらのほうが良いかも。

3.Androidのアプリが使える!

そんなChromebookですが、将来的にAndroidのアプリが利用できるようになるそう!

Chrome OSで全てのAndroidアプリが使えるようになる | TechCrunch Japan

つまり、以下みたいなことができるんです。

  • Twitter for Androidでツイッターやりながら
  • スマホでUSENで音楽かけながら
  • Chromeでブログを書く

やはりWindowsお役御免になるのでは・・・。

4.おわり

というわけで、Chromebook買ったらあっさりそっちに移行してしてしまうかも・・・。 それほど高いものでも無いので年内に1台買おうかしら。

・・・って、いやいやまてまてSwiftのためにiPadかiPhoneを買う計画が

ちなみに現行販売中のモデルでAndroidアプリの利用に対応しているものはタッチパネル対応のモデルだそうです。 日本ではあまり普及していないせいか、そもそも販売されている機種自体が少ないんですよね。


ASUS ノートパソコン Chromebook Flip C100PA-RK3288 タッチパネル/10.1インチ/シルバー

関連記事

擬似タグ : /ChromeBook | /Android | /欲しいもの

最終更新:2016/07/08

拍手[0回]

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
30代個人事業主(法的にはまだ無職)のDTMerで3104式の中の人。

音楽以外にはお金の話が好き。株式投資や投資信託もやってるよ。
マイクロ法人立ち上げを目指し、脱雇われ人の道を模索中。

活動域は青森県八戸市周辺。一緒にお仕事しましょう。

プロフィール詳細はとちにすいはら式+についてをご覧ください。

バトルモード3

2016年春M3の企画はバトルモード3!!


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[04/03 かんりにん]
[04/01 シン]
[04/01 かんりにん]
[03/31 シン]
[09/05 はぎやま]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。