忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これからのお金持ちの教科書を買ってみた!

お金持ちの教科書と影響力の武器 撮影者は@planet_f108

1.はじめに

最近、本を買いすぎて積読生活の筆者でございます。 確定申告時に雑所得で申請をしても経費が使えるらしいので、それなら大人買いしちゃおうという魂胆なのですが、買うだけ買ってまったく読んでないという・・・。

というわけで、本日購入した書籍が「これからのお金持ちの教科書」と「影響力の武器」です。 このうち前者のこれからのお金持ちの教科書について簡単にレビューしたい。

これからのお金持ちの教科書

2.これからのお金持ちの教科書とは?

加谷珪一氏執筆の「お金持ちの教科書」シリーズの第三段です。

私、買いすぎだろう・・・ってぐらいこの方の書籍買ってますわ・・・笑

このうち、お金持ちの教科書と大金持ちの教科書は、著者が運営する同名のウェブサイトを書籍化したものでした。 が、今回のこれからのお金持ちの教科書は同じ記事が見当たらないので、どうやら書き下ろしのようです(見逃してたらごめんなさい)。

書籍の目次を紹介すると、

  • すでに始まっている「新しい資本の時代」
  • スマートフォンが本当に変えたもの
  • 新しい時代における「稼げる人」を考える
  • これからの「富のルール」を知る
  • 情報を制する物がお金を制する
  • 新しい資本の時代を生き抜くために

また、各章の最後に「2025年までにお金持ちになるためのヒント」も6個書いてあります。

3.キーワードは「ネット」と「個人」?

実はまだ細かいところはしっかり読んでないのですが、ネット技術の発達や、それを通じて個人が直接仕事を取れるようになったことをベースに、今後世界がどのように変わるかといったテーマであるように思います。

例えば、わざわざ社内で事務方が行っていた仕事なんかは、いまやクラウドソーシングで個人が受注出来る時代ですよね。「社外に外注なんてとんでもない」と思われるでしょうが、近年は組織に依存せずとも個人ベースで成り立つ仕事が増えてきましたよね。 最近話題のAirbnbもわざわざ組織を作らずとも自分でいつでも旅館業を始められてしまうという(法律的な障害はあるが)。

といった話が書いてあります。

ブロガーだって、個人が広告業に参入したようなものですから、同じですよね。 その気になれば、個人で本を出版できますし、私のような同人音屋なら楽曲だって売れる。書籍で指摘されると別世界の話のようにも思えてしまいますが、私たちの身近では個人ベースで簡単に始められる仕事が確実に増えています

正直、本当に大きな仕事(xx億円プロジェクトのような)をしたい時だけかもしれません。 企業に所属する意味があるのは。

4.おわり

後半のブロガーの話なんかは筆者が付け加えただけですが、本書にはネットに関する話題が豊富に出てきます。 あなたが、これから副業とか起業とか始めたいと思うのでしたら、読んでおいて損は無いです。

私は、個人が稼ぐことで企業が淘汰されていく時代が来ると信じています。 いろいろな経緯があって今フリーランサー気取りをやっていますが、今年このことを知って本当によかった。

ただ個人が稼ぎ始めるということは、ライバルもたくさん増えていくって事ですから、負けないように頑張らないといけないですね。

ちなみに、「これすると絶対儲かるよ」という安易な稼ぎ方を紹介する本ではないので、楽に儲けたいという方にはオススメしません。

本書でも指摘されています。 これからの時代に重要なのはアイデアだ、と。

新品で1,620円、中古やKindle版はそれより安く購入可能なので、現在の価格はAmazonでチェックしてみてね。


これからのお金持ちの教科書

関連記事

擬似タグ : /お金持ちの教科書 | /お金を稼ぐ方法 | /書評

最終更新:2015/12/20

拍手[1回]

お金持ちの教科書を買ってみた

1.はじめに

最近、バビロンの大富豪などお金持ち本などを読み漁っている筆者ですが、 「お金持ちの教科書」についてもしっかりと触れてみたいと思います。本書に出会って人生変わりましたわ・・・いや、まじで。

お金持ちの教科書

というわけで、書評・・・というかほとんど感想文です。

2.お金持ちの教科書とは

まず、この書籍内容は、まるっきり同じものをウェブで見ることができます。

お金持ちになるにはどうしたらよいか?-お金持ちの教科書-

ので、「Youtubeで知ってCDを買う」の書籍版をやってしまったわけです。

内容を簡単に紹介すると、お金持ちの教科書とはお金持ちの行動原理などをまとめた書籍です。 ミリオネア・マインドなどに近い物があります。


ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人 三笠書房 電子書籍

ミリオネア・マインドは自己啓発物に近いですが、お金持ちの教科書は、「お金持ちならこうする」という客観的視点で書かれています。 表現方法に相違はあるものの、根底にあるものはおおよそ似ているように思います。

例えば、お金を嫌わないとか、成功するまで努力するとか、そういった話です。 詳しい内容は上述のリンク先を見てください。同じ物がネットで見れるのにお金払って本買うのはイヤでしょ?

個人的には書籍として読むならあなたの財布に奇跡が起こるお金の習慣のほうが好きだったりします。 そちらは最初から書籍向けに作られているため、展開が読みやすいためです。

余談ですが、お金持ち本といえば「金持ち父さんと貧乏父さん」が有名ですが、なんとなく私には読みにくかったので未購入です。

3.お金持ちの教科書を知ったきっかけ

そもそも、私は自分で言うのもあれですけど、それなりに上昇志向のある人間だと思っています笑。 「上に行ったからなんだ」って言われると、「なんだってなんだ」って言う話になるのですが(何

ので、最初は上記サイトの姉妹サイトの「出世の教科書」のほうを見つけたんです。 で、出世の教科書からリンク先を辿ってでたまたま開いたら、お金持ちの教科書のほうが面白かったっていう。

2013年冬に八戸帰るときに初めて見て、新幹線の中で全ページ読み漁ったのを今でも覚えています。

もともと、裕福ではないものの貧乏もせずに育てていただいた、ごく一般的な家庭でしたので、こういったお金持ちの世界って120%別世界だと思ってたんですよ。 なりたいと意識したことはなかったんですが、お金持ちの教科書を読んで「もしかしたら自分でも意識すれば目指せるんじゃない?」って。

何かすごくワクワクしました。

4.その後人生変わりました

お金持ちの教科書を読んだ後の一番大きい変化は、株式投資を始めたこと。 実は、その前から個人向け国債への投資にちょっと興味があったのですが、だいぶ背中を押されました。

もともと株なんて縁の無い家庭なので、普通に考えれば株など縁が無いままに人生を終えていたはず。 むしろ地元はパチンコ屋ばっかりなので、普通ならギャンブル始めてたはずです(投資はギャンブルじゃないよ!)

(ちなみに投資の概念に慣れたければバビロンの大富豪がオススメです)

あと、最近は素で「お金持ちになりたい」って言えるようになりました

冷静に考えると、資本主義の国に生まれていて、お金の話ができないとか誰も教えてくれないとか意味分からないですよね。 自発的にお金の勉強をしなければ、40歳とか50歳とかになっても自分が払う税金の内訳やその額すらわからないんですよ。

本当に人生変わりました。

出会って良かったです。お金持ちの教科書に。

5.おわり

お金持ちの教科書に感化されたかどうかはわかりませんが、今の目標は個人事業主になることです。

理由は、会社員やるよりも、もっと直接的に社会に貢献したいと思うから。 おそらく、稼ごうと思うことが日本の国益につながると思うのです。

どこも、街中うろうろしていると高齢者ばかり歩いているように感じます。 病院とか行ってもおじいちゃんおばあちゃんばかり。 それを見ていると、日本って大丈夫なのかなーって心配になってきます。

苦労するとは思いますが、会社員やるより楽しそうですよね。

と、なんとなくきれいごとでまとめた感じですが・・・そんな風に感じている今日このごろです。

・・・ただし、私はまだ無職だm9っ`Д´) ビシッ!!

と、本題からだいぶそれてしまいましたが、とても面白い書籍です。 興味がありましたら、購入前にサイトのほうをご覧になることをお勧めします。

購入の場合は、新品で1620円、中古やKindle版はもう少し割安なので、詳しい価格はAmazonでチェックしてね。 後発の図解版のほうは個人的に買わなくても良いかな、と思います。

Amazonにはレビューがたくさんあるので、詳細はそっちを読んでみてね。


お金持ちの教科書

関連記事

擬似タグ : /お金持ちの教科書 | /フリーランス | /書評

最終更新:2015/12/20

拍手[1回]

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[05/02 お]
[07/29 かんりにん]
[07/23 ライルイ]
[11/14 管理人]
[11/11 鈴木隆夫]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。