忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

アフィリエイトをやり続けている簡単な理由

1.はじめに

このブログの収益性を考えて、アフィリエイト関連のコンテンツは消してアドセンスでも貼ろうかと思ってたところ、「本音トークありがとう!」的なメッセージを頂いたので、もうちょっと消さずに記事を増やしてみようと思う筆者です。

個人的にアフィリエイトに力を入れる理由はきちんと明確な理由があるので、今回はそれを紹介します。 とても簡単で合理的な理由です。

ただ、筆者は本日クラブで朝帰りのためにちょっと頭は働いていません。変なこと書いてるかも。

2.介護の問題を避けよ!

2016年現在、個人的にアフィリエイトを推す理由は、将来生じうる介護の問題への対策だったりします。 もう、これ以上何も説明することないですよね。

筆者が説明するまでもなく、介護は現在日本において社会問題の一つです。 お金たくさん、兄弟もいっぱいみたいな家庭なら問題にならないのですが、一方で貧困家庭で兄弟も少ない、みたいな状況ほど泥沼になる可能性が高いです。

特に子供が独身で親戚関係も薄い場合、おそらく介護の負担を背負うのはその子供の役割です。 じゃあ、その時仕事(自分の人生)と介護どっちとるの?って話になったら、あとはテレビや週刊誌で書かれているとおりの結末が待っています。

雇われて働くことしか術を知らない人が40とか過ぎて失職すると、その後は悲惨です。

本来は、親は子を捨てて、彼ら自身がなんとか対策を打つべきだと筆者は考えます。 だって子供の人生をこれから死に行く親に投資するなんて、絶対回収できない投資に決まっているじゃないですか(日本の国全体がそういった施策になっているのが問題)。

でも、数としてみた場合にはそういったことが言えても、じゃあ自身の親の助けを振り切れるか、というとなかなか難しいですよね。

というわけで、それに対する秘策が自営なのです。

3.アフィリエイトが切り札になる理由

これはアフィリエイトというストック性(ストック性についてはストックビジネスの教科書を買ってみた!)です。 仕組みを作るまでに多大な労力を必要としますが、それさえ回ってしまえばあとあとほったらかし回収できる(可能性が高い)というものです。

実際にはアフィリエイトサイトをほったらかしても100%回るか、といえばいずれ回らなくなってくることも多い(ネット副業をやってもうまく稼げないのはなぜかで触れたようにライバルがしのぎを削るため)です。

しかしながら、例えば筆者が連休中にサイトほったらかしでクラブに行ってきたように、ある一定期間ならほったらかしても大丈夫ですし、何しろ自営業ゆえに首を切られる心配もありません。

だから、個人的には

  • 売れるサイトを保有する
  • 売るためのノウハウを身につけておく
  • 余剰資金は別途投資などの収入源にあてる

などを対策を、介護の問題などが生じる前に講ずるのが良いと考えています。

あとはどれだけ早いうちに対策を講じられるか、です。

もちろん売れないと悲惨なので、万人を解決させる秘策になるとは思いません。どうやっても向かない人には向かないと思います。それを踏まえても、問題が現実化する前に試しておくべきでしょうね。

4.おわり

というわけで、当初は会社を辞めるために始めた(無職1か月間にやったことあれこれ)アフィリエイトでしたが、現在はもう少し将来を見据えた話になってきました。

ほんと良い業態のネタを掘り当てたものです。 我ながら2年前の自分を褒めてやりたい。

一応、将来への備えとしては上記を視野に入れているものの、もちろん「どうせやるなら社長になりたいよねー」的な野心があるのも事実です。 物事を推進するには、あれこれ強い想いがあったほうが良いですよね。

「片手間30分でぼろ儲け」みたいな想いでは、「三日やったけどうまくいかねーじゃん」で挫折するのがオチなので。

と、今月183円しか売ってない人が申していました。

・・・・このブログ、割と昔から手をかけているのに、何やってもダメなんですよね。 ゆえに筆者はプロブロガーには向いていないと思います。

あー頭痛い。

関連記事

擬似タグ : /アフィリエイト | /介護 | /戯言

最終更新:2016/07/19

拍手[0回]

既卒、フリーター、第二新卒の就活はじめの一歩を買ってみた!

1.はじめに

「就活はじめの一歩」という本を買ってみたので書いてみます。

ほら、筆者も無職になったことだし、これを機会に就活をしてみようかと。 まぁ30代なんでどこも取ってくれないでしょうけどね!

というわけで、書評してみるのですよ。

2.就活はじめの一歩とは

この本は、新卒就活生向けの本ではなく、既卒第二新卒と呼ばれる人達向けの本です。 既卒とは大学卒業時に就職活動をしないまま卒業してしまった人達、第二新卒とは就職したけど、3年程度以内に辞めてしまった人達のことです。

また、フリーターもまた既卒のなかに含まれるかと思います。

そんな彼らに、次は良い就職先を見つけましょうというのが本書です。

本書の執筆者は、株式会社UZUZという、既卒や第二新卒向けの就職支援を行う会社の副社長です。 通常、そういう立場の方が執筆されると、執筆者の宣伝色が出やすいものですが、割と中立的に執筆されている印象です。

目次だけ抜粋すると

  • 意外と知られていない、既卒、フリーター、第二新卒の就活の基本
  • 面接で大切な3つのポイント「就活のモチベーション」「仕事選びの条件」「話の筋を通す」
  • 世の中には色々な仕事がある。まずどんな選択肢があるのか知ろう
  • 既卒・第二新卒が使える就活支援サービスを知ろう
  • 人材紹介サービスを知ろう

です。

なお、暗黙の了解で本書は10~20代向けです。 というのも、企業が実施する就職支援サービス自体が20代までを上限にしており、30代以上は取り扱っていないからです。

20代ならば大卒後無職の20代でも、高卒後にフリーターを続けている方も対象になります。 実際、既卒向けの就職支援サービス利用者には、大卒者も高卒者も含まれています。

いくら人材不足と言われても、特に職歴の無い30代には冷たい世の中です。

30代以降向けの就職支援会社とか立てたら応募者が殺到しそうです。 でも、受け入れ先企業がないという話になりそうですが・・・。

3.やりたい仕事がない人はどうするの・・・?

以下、毎度のごとく筆者の戯言。

就活ネタっていつも思うんですけど、大抵就活生がやりたいことがあることを前提に話が進められている気がするんですよね。 働かなければいけない、というのはわかるんでけど、自分がやりたい仕事がない、という人達はその時点で置き去りにされているような感じがしてしまうのは筆者だけでしょうか。

そう思ったことないです?

働きたいこと、やりたいことがあるのは大いに結構です。 でも、全ての人が20代そこそこで実現したいことがあるとは限らないと良く思っています。

実際筆者も、めちゃくちゃやりたいことがあって就職したわけではないので、「私やりたいことがあるんです」とキラキラした展開にはどうも冷めてしまう気がします。

本書も冒頭では自分の考えを元に仕事を探す方法が描かれています。 例えば、人の喜ぶ顔がみたいとか人の役に立ちたいといった話題です。

そういった話題からより現実的に仕事を絞って行くための話題が展開されるのですが、そもそもそのような願望を持たない人はどうするの?と思ってしまいます。

なので、どうしても就活ならではの「作っている」感を感じてしまうのは否めないです。 この手のきれいごとが嫌いな方は、「またか」と感じる内容になっていると思います。

なんだかんだ言っても、多くの人はお金のために働くということが統計に出ています。 ので面接でも、お金が欲しいですという話をしても良いと思うんですけどね。

ここらへんを上手く表向きと裏向きで使い分けられる人が世渡り上手なのでしょう。

ちなみにこんな話もあるので参考に。

中途採用面接で、志望動機を聞かれて「もっと給料が欲しかったからです」と回答した人がいた。 | Books & Apps

4.おわり

というわけで、30代無職のレビューでした。 相変わらず途中で脱線しまくりで、書籍のレビューにはなってないですね。

ちなみに既卒やフリーターにありがちな、「履歴書の空白期間に何をしていましたか」という答えにくい質問にも、一応回答例が載っています。 回答例どおりに答えても上手くいかないこともあるでしょうが、参考になると思います。

本書があれば就職活動が上手くいく、といった本ではないのですが、既卒やフリーターなど就職でつまづいた方が利用できるサービスのまとめなどもありますので、その手の情報を知るのに有意義です。 また、簡単ながら事例なども載っていますから、そういうのに興味があれば、是非手にとってみてください。

もしあなたが若者サポートステーションぐらいしか知らないなら読んでも良いと思います。


既卒、フリーター、第ニ新卒の 就活はじめの一歩

関連記事

擬似タグ : /書評 | /お金を稼ぐ方法 | /戯言

最終更新:2016/04/07

拍手[0回]

手を差し伸べてくださったあなた方へ

1.はじめに

筆者は割とひねくれたダメ人間なのですが、筆者の周囲にいらっしゃる方は筆者よりも「出来る」方が多いので、いつも方々に生かされています。 ほんと感謝の念が尽きません。

おそらくここ最近で相当にお世話になったのは仕事先でお世話になった人達です。 30代無職が再起を計った1年のまとめで触れたように、ダブルワーク + 副業という働きが出来たのも彼らのおかげだと思っています。

これに関連して、いくつか紹介したいお話があるので、今日はそれを書きます。

2.手を差し伸べてくれた人達

簡単に経緯をまとめると、会社辞めてのんびりまったり暮らそうとしたら、とんでもない額の税金の請求書が来て、のんびりまったりどころではなくなったという話です。 おそらくここ数年の中で最大のピンチだったと思います。

そんな時に、生活費稼ぐつもりで選んだバイト先でしたが、本当にいろいろと気を使っていただいて。 辞める際に、裏に隠れながらこっそり泣いていたのはここだけの秘密です。

なお、前職辞める際も泣きながら酒のんで三日酔いしたのはここだけの秘密です。

えぇ、私は簡単に泣く人間です笑

面接の時点でお金が無いという話をしていたので、いつも「生活のほうはどうだ?」と気遣っていただいて、それを思い出すだけで目頭が熱くなります。 所詮バイトとはいえ、得たものは本当に大きかったです。

そんな退職間際にたまたま読んだのが下記ブログの記事です。

手を差し伸べてくれた人がいたからこそ今のあなたがいます。

お世話になったあの人に恩返ししたい。そのためには・・・ | 幸運体質の作り方

何の変哲も無い一文ですが、今でもEvernoteの中にこれを保存しています。 筆者が再起するに至ったのは、本当に彼らが手を差し伸べてくれたからだと今でも思っています。

ありがとうという言葉が薄すぎて辛いです笑

仕事の話って、ネットではネガティブな話のほうが多いような気がするので、こういう話もあったということをシェアしておきたいです。 筆者が今こうしてブログを書いていられるのも、本当に彼らのおかげです。

3.バイトを辞める際に持っていったお礼の品

話は脱線して、退職の際に持っていった物があるので、それも紹介しておきます。

千客万来 | 笹屋伊織

千客万来とは、その漢字が示すとおり、お客さんがたくさん来るという四字熟語です。 一般客相手に商売をやっているお店へのお礼の品としては、ぴったりの名前だと思います。

買ったのはいいものの、筆者は食べ損ねてしまったので、詳細はリンク先で見てください。

ぱっと見、名菓ひよ子みたいな感じに見えるので、たぶん味もそんな感じです(適当) あとで買おうかなと思うんですけど、味の想像がついているので、当面後で良いと思っています。

4.おわり

と、話は戻りまして、さっきのブログの話です。 文末に重要な一言が記載されています。

恩返しをするためにも、まずあなたが豊かになる必要があるんですよー。

お世話になったあの人に恩返ししたい。そのためには・・・ | 幸運体質の作り方

自分のことをそっちのけで他人に尽くすのは、単なる自己犠牲でしかありません。 それでは最悪、お互いが共倒れしてしまいます。

他人を助ける為には、その他人を支えるための強固な体制を築く必要があります

だから、筆者はお金を稼ぐことを是としています。 お金があれば解決できる問題も多いですし、お金を稼ぐこと自体が誰かに貢献することになるからです。

て、こういうこと書くと、きれいごと過ぎて気持ち悪い感じもしますね笑 それはたぶん、面接で社会貢献のために働くなんて言わされる茶番のせいかもしれませんね。

働いて社会貢献だなんて、一回社会に出て、いろいろ経験してみないとわからないですよ・・・と勝手に思っています。最後の最後まで生活のためだけに働く人達だっていっぱいいるのですから。

いろいろ脱線しましたが、諸氏にはいつも生かされていて感謝感謝です。言葉で書くと薄っぺらくなりますが、今日の筆者があるのはあなた方のおかげです。

関連記事

擬似タグ : /仕事観 | /筆者のこと | /戯言

最終更新:2016/03/19

拍手[0回]

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[01/20 かんりにん]
[01/20 シモハチ]
[04/03 かんりにん]
[04/01 シン]
[04/01 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。