忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

明日から無職!さてどうする?

1.はじめに

明日から無職です。

書類上は来月から自営業・・・という名の無職になりますで触れたとおりにフリーランス(自営業)になる予定ですが、実質は無職です。 というか、「明日から無職」というSEO狙いです。

人生2回目笑の無職だけあって、前回の経験が役に立ちます(前回の無職は無職1か月間にやったことあれこれ)。 というわけで、無職になったらやることをちょっとまとめてみます。

2.明日無職になったら何をすればいい?

国民健康保険の申請

国民健康保険加入の手続きについてで触れたように、国民健康保険証の発行手続きをしてきます。 自治体の市役所などに、手続きの窓口があります。

上記の記事でも書いていますが、払うお金が無いからと手続きを先延ばしにしても良いことはありません。 あとで加入したときにさかのぼって徴収されてしまいます。

また、病院にいけないor自費負担で高額の医療費を請求されるので、未加入のメリットは無いです。

払えないなら払えないで、市役所に相談するのが良いです。 条件によっては、減免してもらえる可能性があります。

国民年金の申請

国民年金の切り替えも行います。 こちらも自治体の機関に行きます。

年金は、無職から会社勤めになったときは会社側で脱退手続きをしてくれるのですが、勤め人が無職になった場合には、加入者自身が切り替え手続きを行う必要があります。 手続きを忘れていると、未納扱いとして催促がくるはずです。

ネットでは「どうせもらえないだろう」という意見が圧倒的ですが、ほとんど税金と同じ扱いなので、未払いを続けると最終的には差し押さえられる可能性があります。 お金の都合で払えないなら、こちらも払えないといったほうが良いです。

失業保険の手続き

前の仕事場で雇用保険に加入しており、その加入期間が(たしか)1年以上であれば、失業給付金の手続きをすることができます。 こちらはお近くのハローワークで手続きを行います。

失業保険を受け取るためには再就職の意志があることが前提なので、定期的にハローワークに顔を出して、就職活動の状況を伝える必要があります。

起業を目指す場合や、再就職の意志が無い場合には、給付金はもらえません。

ちなみに、能力的な問題で再就職が難しいと思うのでしたら、職業訓練を受けながら賃金を貰うという方法もあります。 内容は、介護やパソコン関係の技術などを扱うそうですが、筆者は受けたことが無いので詳細は知らないです。

詳しくは、ハローワークの窓口で聞いてみてください。

3.自営業を始めるときは

無職から自営業を始めるときは、開業届という紙切れを税務署に出すだけです。 これだけで自営業者を名乗ることが出来ます。

一般に自営業者は確定申告を通じて税金を支払うのですが、その時に青色申告と白色申告という2つの申告方法があり、前者の青色申告を行うと税金を安く出来る可能性があります。 青色申告をするためには、青色申告承認申請書というものを提出する必要があり、それにパスしなければ利用できなかったと思います。

青色の場合は、複式簿記での記帳が必要で、これが結構大変なのですが、最近は白色申告でも記帳が義務付けられているので、後者の手軽さというメリットはなくなってしまったように感じます。ので、基本は青色が良いです。

なお、国民年金の支払いだけでは、将来65歳以降の生活がままならない悲惨な状況になるので、国民年金基金や確定拠出年金などの併用がオススメです。 所得控除もききます。投資経験のある筆者は後者を選ぶ予定です。

自営業に関しては、自営業を始めるにはにもっと詳しい話を書きました。

4.おわり

というわけで、明日から無職と題して、公的機関での手続き関係を中心にまとめてみました。 参考になれば幸いです。

なお、筆者の場合は今の肩書きが無くなるだけで、やることは今まで何も変わらないので、これまでやってきた事柄を淡々と続けて行くだけです。 来月から自営業・・・という名の無職になりますで触れたとおり、今日まで雇われでやってた仕事も引き続き引き受けるつもりですし。

ただ、雇われの身を辞めるということは、安定収入が無くなるというのだけは事実なので、そこは頑張ってなんとかしないといけないです。 マネークリップが欲しい!なんて言ってても、そもそもお金がないと買えませんから。

お金が無くなって、手が打てなくなってしまってから「お金がない、どうしよう」って思ったところで遅いんです。 持ってるお金の額がそのまま人生の選択肢につながりますから。

でも、一回その状況に陥ってみないと、なかなか気づく機会が無いのが怖いところです。

検索ワードを見ていると、そういったお金の悩みを抱えている人は結構多いようです。 無職でお金が無いのに、働きたくないとか、ほんと人生どうするつもりなんでしょう?と疑問にさえ思います。

ただ、来月からはせめて日曜ぐらいは休もうかなと思います。 思えば、この2年間いろんなものを犠牲にしてきたので。

特に去年は身なりにもまったく気を使わなかったので、2、3枚の服ばかりローテーションしてました。 今年はもうちょっと何とかしたいと思います。

マネークリップが欲しい!のようなシャレオツな物が欲しいのも、そういった意味合いも大きいです。

関連記事

擬似タグ : /フリーランス | /仕事を辞めたらやる事 | /無職になったら気をつけること

最終更新:2016/03/31

拍手[0回]

助けてと言えない 孤立する三十代を買ってみた!

助けてと言えない孤立する三十代 撮影者は@planet_f108

1.はじめに

筆者は無職のサイトを作るために、すでに3万ぐらい費用を投じています。 まったく元が取れないのに、「こんなに費用投じてどうするんだ・・・」と我ながら思いつつ。

そのサイト運営に関連して買った書籍があるので紹介したい。 だいぶヘビーな内容の書籍です。

2.助けてと言えない30代

こんな記事を書いておいて、筆者も30代で無職みたいな者ですが、本書のテーマもまた30代で無職の方の話題です。 出版は2013年ですから、おそらく筆者と同年齢か筆者よりちょっと年上の方を扱った本になるはず。

いわゆる就職氷河期で、社会通念上の「失敗ルート」を選ばざるを得なかった人達の話です。

何がヘビーかって、冒頭に出てくる話題は孤立した30代の餓死から始まります。 この話、ご存知の方もいらっしゃると思うのですが、2009年4月に北九州市で39歳男性が無くなった話題を扱っています。

SOS出さずに餓死 日本の30代に起きているコト | JCASTテレビウォッチ

残された封書には「助けて」というメモ書きだけが残されていたという悲惨な話です。

書籍によれば、身近にはその男性を心配する人もいたそうなのですが、最終的に男性は助けを求めることが無かったそうです。 特に書籍の冒頭部分には、取材班がその男性の足取りを解明する流れが詳細にまとめられており、それを読むだけでもとても心が痛みます。

その話題の後には、取材班がNPO法人とともに取材としたホームレスの話題に移ります。 誰にも助けを求めずに生きる男性の話題です。

3.クレクレと自己責任の境界

社会において、いわゆる「クレクレ君」は嫌われる傾向にあります。

クレクレ君とは、ネットなどにおいて、自分でソースを探すことも無く情報を求める人のことです。 にちゃんなんかには、「xxを教えてくれ」といったスレを立てて、レスに対して「それはできないあれはできない」と批評する人なんかもいらっしゃいますよね。

筆者も、あなたはなぜ孤独なのかで書いたように、「こちらから先に与える」ことを是としたいと考えています。

だが一方で、自分の力だけでは解決できないことがあるのも事実です。

本書には、北九州の男性の事例以外にも、ホームレスとして町をさまよう若い男性とのやり取りに関する話題が出てきます。 彼らが誰かに助けを求めない(求めることのできない)理由には、「助けをもらっても、自分からは何もできないので負担になるだけ」といった感情があるそうです。

これを読んで、筆者はどこまでを他人に求めて良いのか、どこからを自分の力で解決すべきなのかがよく分からなくなりました。正直、現在も満足行く答えが見つかりません。

ただ、少なくとも生存がかかっているときは他人に助けを求めるべきだと筆者は考えます。 本来はそこまで行く前に対策を打つべきなのですが、そういっても過去は変えようがないので。

4.無職やひきこもり自身が抱える問題点

ところで、筆者の無職のサイトにもアクセス解析をかけているため、どういった悩みでの検索流入が多いかを分析することが出来ます。 それによれば、他人に対する見栄を気にする人が多いようなのです。

要は無職やひきこもりといった、社会的にネガティブなステータスを隠したい人が多いということです。

例えば、「アルバイトの応募の職業欄に無職と書いてよいかどうか」など(どんなサイトだって「無職」って選択肢は用意されているにも関わらず)。 どうせ面接で聞かれるんだから嘘ついてもしょうがないでしょうと思うんですけどね。

大人のひきこもりを買ってみた!で触れた書籍でも似たような話があり、無職であることを偽り、自営業の手伝いと称する人もいらっしゃるそうです。

たしかに現状を偽りたくなる気持ちは分かりますが、それでは外部からの助けを期待できなくなるんですよね。 「働いています」「大丈夫です」って人を経済的に助けようとする人なんて普通はいませんから。

この話、お金持ちの教科書にもあって、貧乏人は自分のプライドを気にするといった指摘がなされています。 お金を稼ぐ人って、他人に対する見栄よりも割と自身の欲求に正直だったりするんですよね。

上述のクレクレは確かに疎まれる傾向にはありますが、一方で当事者が助けを求めることが出来ないのは、自身がかっこ悪いといった低い評価に晒されるのが怖いからなのかもしれません。

5.おわり

と、なんだか脱線気味になりましたが、対岸の火事ではすまない本だと思いました。 一方、こういった書籍を何冊も読むことで、無職やひきこもりに陥ったときにどのような失敗を犯すか、といったスタディケースになりますから、今後も引き続き目を通していきたいと思います。

結局、人並みの人生から外れたときに、下手に自己愛やらプライドやらを持ってると詰みやすいんですよね。 未成年のときに持ちやすい、自分は特別だという感情を、いかに客観的なものに変えるかにかかっていると思います。

割と中古で安価に入手しやすいので、興味があれば是非ご覧になってみてください。

助けてと言えない 孤立する三十代

関連記事

擬似タグ : /無職になったら気をつけること | /貧困 | /書評

最終更新:2016/02/13

拍手[0回]

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[05/02 お]
[07/29 かんりにん]
[07/23 ライルイ]
[11/14 管理人]
[11/11 鈴木隆夫]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。