忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

忍者ブログアクセスアップ術あれこれ

1.はじめに

いろいろノウハウがたまってきたことも考え、改めて書いてみます。忍者ブログのアクセスアップ術です。

過去には、忍者ブログではアクセスアップが期待できない2つの理由なんて記事も書いてますね。

また、忍者ブログに限らない話として、見てもらえないブログからの脱却。さてどうする?という記事もあります。

2.忍者ブログを立ち上げたらまずやるべきこと

まず忍者ブログのブログサービスを借りたらすぐにやるべきことです。

独自ドメインを取る?blog.shinobi.jp(もしくはその他の忍者ブログが提供するドメイン)でブログを書く?

最初にドメインをどうするか決めます。

途中で「やっぱドメイン変えよう」と思ってドメインの変更をすると、検索エンジンからの評価がゼロに落ちてしまうためです。評価が落ちると、検索にかかりにくくなるなど、積み重ねた物がゼロになってしまいます。

通常、HTMLサイトなどでは移転時にリダイレクトという手法で、ページのURLが変わったても、自動遷移させることは可能です。

が、忍者ブログを利用していると301リダイレクトや、ウェブマスターツールでの移転が使えません。ので、途中で移転をすると1から評価してもらうことになります。

長期的に運営するつもりなら独自ドメインがおすすめです。

独自ドメインの取り方や設定のしかたは、忍者ブログのサブドメインからお名前.comで取得した独自ドメインへ移転する方法を。

また、独自ドメイン導入の是非については、独自ドメインを作りたい!その作り方とは?をご覧ください。

ブログの主軸になるテーマを決める

多様な話題に広く浅くよりも、特定の話題に深く突っ込むほうが検索にかかりやすくなるので、1本柱になるテーマを決めます。例えば、ゲーム関係ならゲームの話題のみ、というイメージです。

しかしながら、そもそもネット上に情報の乏しい話題は検索にかかりやすいので、主軸テーマ外でもアクセスが集まる記事は多々あります。

うちのブログでいまだに強いのが雅楽の舞の育て方です。

ので、少しぐらいはぶれても大丈夫です。

メタディスクリプションを編集する

忍者ブログの場合、デフォルトのままはおすすめしません。手を入れたほうが検索流入増加が見込めます。カスタマイズにはHTMLに関する知識が必要なので、少々ハードルは高いかもしれません。

詳細は、忍者ブログのメタディスクリプションについてをご覧ください。

ウェブマスターツールを使ってグーグルにブログの存在を知らせる

クローラにブログの所在を知ってもらわないと、永遠に誰も来れないブログになるかも。そこでウェブマスターツール(現在はSearch Console)を利用して、新しいURLにブログサイトを立てたことを検索エンジンに伝えます。

新しいURLを使用 | ウェブマスターツール

ついでに、ウェブマスターツールやGoogle Analysisを登録するのも良いです。にほんブログ村などに登録してpingを打つのもお勧めですが、特定の分野(特にお金関係)でないとあまり集客できないかもしれません。

3.1記事あたり500文字以上が目標

強い根拠があるわけではありませんが、検索エンジンが「このブログは有用だ」と判断する基準の1つに、1記事あたりの文字数があるようです。経験則ですが、おおよそ目安は500文字になると思います。 (平均でこの文字数を下回っていると、Google Adsenseで審査落ちの可能性が高いと思います)

ので、アドセンスに登録するかどうかはともかく、検索でのアクセス増を狙うならば、1記事あたり500文字以上は書くことをお勧めします。

1行「今日も飯食って寝た」みたいな記事は、あなたの自尊心は満足させるでしょうが、客観的には誰の役にも立たないので、検索エンジンには評価されません。そもそもインデックスすらされないかも。

インデックスされていない記事はユーザーの検索結果に出現しないので、それなら書かないほうがマシです。

4.最低3ヶ月アクセス増は諦める

ブログ開設初期はどう頑張っても人が来ませんので、我慢してください。 アクセスアップ術といいながら、アクセス増は諦めろという矛盾ですが、最初は厳しいです。

グーグル先生は若いドメインのサイトに厳しいようで、開設してから数ヶ月は検索流入がほとんど期待できません。

ある程度時間のたったブログでは、更新頻度が高まるとクローラの巡回頻度も高まりますので、インデックスが早くなり、初期に比べて検索にかかりやすくなってきます。

また強豪が多い人気ジャンルは、上位に強いサイトがごろごろいますから、なおさらアクセスが増えにくいです。

組み込みLinuxみたいな、マニアックな技術系話題ならもっと早く検索にかかりそうですが、そちらは検索する層が少ないという説も。というか記事書くの大変ですよね・・・笑

ある程度時間が経つと、検索にかかりやすくなるタイミングが来ます。そのときに、記事に旨みのあるブログほど、検索にかかりやすくなっていきます。

ちなみに、中身の無い記事と判断されれば、時間が経ってもアクセスは増えません。筆者が外注で記事を集めたブログには、いまだ人っ子一人すらたどり着いていません笑

5.関連記事リンクなどを作る

記事数が増えるほど、ユーザーもクローラも古い記事に到達しにくくなりますので、そういう記事への道を作ってやる必要があります。

クローラが到達できないような記事は、検索にかかりにくくなります。

例えばこのブログも、以前は検索流入の上位にいたvostro 1200ネタでまったく検索かからなくなった、ということがありました。内部リンクを調整することで最近は復活しましたが、今度は検索する人が少なくなってしまいました笑

個人的には、関連記事リンクや全記事リスト等を作成していますが、ブログの場合にこれを手作業で書くのが大変。 このあたりは、ブログよりもWordpressのほうが便利です。

なお、目標はトップページから1~2クリック以内で全記事に到達できるのが良いそうです。

6.被リンクは1本でもなんとかなる

SEOやアフィリエイト関係では、アクセスアップのために被リンクを何本つけるといった記事があります。同人界隈はわりとリンクの文化があると思うのですが、普通の読み物系ブログではリンクを集めるのは難しいかも。

というわけで、うちのケースでは、新規ブログに対してこのブログからリンクを貼るのみにしています。このブログ自身が、結構力がついてきたように感じていますので、1本だけでも結構な効果があるように思います。

7.あとは書いて書いて書きまくる

あとは書けば書くほど強いブログになっていきます。 問題は、そこまで続けられる精神力です。

なお、私は最近5ブログぐらいを精神力が無くて潰しました。せめて20記事・・・と思いつつも、そこに辿りつくのがすごく大変。

同じテーマで記事を書き続けるには、必然的にそのコンテンツに対する知識も身につけないといけないんですよね。

関連記事


擬似タグ : /忍者ブログ | /アクセスアップ | /記事まとめ

拍手[0回]

クラブ関連記事まとめ

SOUND MUSEUM VISION 撮影者は@planet_f108

1.はじめに

いつの間にか、しばしばクラブに行く人間になってしまったので、それ関連の記事をまとめます。

筆者が行くのは大御所のアーティストが出演するような「音楽箱」で、ナンパメインのクラブではないです。 純粋に音楽を好きな人達が集まりやすいイベントに行きます。

その他DMC Japanのような、DJの腕前を競うような大会もたびたび見に行きます。

いずれは自分の曲もクラブで流してみたいですね!

2.クラブの行き方

基本はイベントスケジュールをチェックして、当日クラブに行くだけ。 入り口でIDチェック(要免許証)と、入場料を支払えば中に入れます。

飲み物の持ち込みは不可です。 また、薬の類も必要最低限にすることをオススメします。

中は座る場所が少ないので、慣れない靴は辛いです。 煙草の煙もありますし、お酒をこぼされることもあるので、あまりに高価な服は避けた方が良いかも。

通常は夜間のイベントですが、週末は昼間イベントをやってることもあります。

3.実際行った話

SOUND MUSEUM VISION 撮影者は@planet_f108

SOUND MUSEUM VISION(渋谷)

渋谷のVISIONは個人的に行きやすいクラブの1つです。 良く行くから、というのもありますが。

WOMB(渋谷)

3年連続見に行ってますが、DMC JAPANというDJのパフォーマンスを競う日本大会があります。 日本各地方で予選が行われ、約10人程度が決勝に進出。

優勝者は世界大会への挑戦権を獲得できる、というイベントです。

普通のクラブのイベントとは違いますが、DJのパフォーマンスに興味があれば楽しめると思います。 また、日曜の夕方にやりますので、時間帯的にも参加しやすいです。

AIR(現Sankeys TYO)(代官山)

代官山にあるAIRは、2015年末をもって閉店してしまいました。 初めていったクラブだったのでちょっと残念です。

その跡地にはSankeys TYOという新しいクラブが入るようです。 2016年4月23日オープニングイベントだそう。

もしかしたら将来行くかもしれません。

ageHa(新木場)

有名クラブとして名高い新木場のageHa。臨海地域という場所柄もあり、大きな施設で屋外にも出られるという特徴が魅力的です。

その他

その他、渋谷Harlemにも行ったことがあるのですが、そういえば記事に書いてませんでした。

4.よくある質問?

通用口みたいなところが入り口です。 VISIONにくらべるとわかりにくいですよね。

結局は人それぞれです。

擬似タグ : /クラブ | /記事まとめ | /音楽

最終更新:2016/04/18

拍手[0回]

スマホでUSENの記事まとめリンク集

1.はじめに

スマホでUSENは月額490円で各チャンネル聞き放題のBGM配信サービス。 J-popはもちろん洋楽やクラブミュージックなど、リスナーの曲の趣向と、その日の気分に合わせてチャンネルを選べるのが最高です。

筆者はなぜかスーパーで流れているような曲ばかり聞いています。

実際のところ、スマートフォンのストリーミングで使うには、少しスマートではない部分もある(後述しますが、通信量が大きいため)のですが、500円というほぼワンコインで1か月音楽聴き放題は大きいです。

スマホで使うため、料金の支払いはクレジットカードか各種携帯キャリア決済が利用可能です。 あなたがクレカをお持ちでなければ、スマホにインストールして、後者の支払い方法を選ぶのが良いと思います。

筆者はAndroidタブレットで、クレカ払いでの契約です。

2.スマホでUSENの利用体験談あれこれ

インストールと登録

ざっくりとしたインストール手順はこちら。 スマホでUSENは、Android/iOS用なので、お使いのスマートフォンやタブレット端末へアプリをインストールすることになります。

インストール後3日間は無料での利用ができるので、使い心地をチェックして登録しないのもありです。

なお、音質を変化させるようなイコライザやリバーヴ機能などはありません。 基本はチャンネルを選んだり、お気に入りに登録したりするだけです。

音質と通信量

気になる音質と通信量話。

筆者の検証によると、音の圧縮程度は音質重視の緩い圧縮になっています。192kbpsのMP3よりも緩いので、音が悪いと感じることはなさそうです。

通信量は、アプリ立ち上がりで大きな通信をするものの、その後のストリーミング再生時は500kb/分程度の通信量になりました。音質の割には以外と少ないのが特徴的です。

Wi-Fiで使う方法

よくありそうな質問や不満点など

通信量はちょっとネックなので少し後述。

特に好きな曲を熱く語る

DTMerがスーパーの曲を熱く語る。Hey!Friendはほんと聴いて。

3.スマホでUSENを賢く使う方法

通信制限のある契約(特に格安スマホ)では、通信制限にかかる恐れがあります。 そこで、筆者が推奨したいのは、スマホ(タブレット)のWi-Fiを無線LANに接続すること、つまり携帯電話の回線を利用せずに通信する方法です。

この方法は、別途宅内での光通信などの契約が必要ですが、一方で通信無制限という特徴があります。 そこにスマホ(タブレット)を接続するのです。

詳しくは、スーパーで流れてる曲を求めてスマホでUSENをインストールした話Wi-Fiを使ったスマホでUSENの使い方。筆者宅の場合に書いています。

なお、スマートフォンのWi-Fi接続方法は、各端末の説明書をご確認ください。 うちの時代遅れのスマホにもある機能なので、あなたの端末にもあるはずです。

パソコンで使う場合

スマホでUSENはパソコンでは使えません(たぶん仮想Androidでも無理かな?)が、スマホ(タブレット)の音声出力をパソコンのライン入力端子に接続することで、パソコンの中に音を渡すことは可能です。

パソコンに音を渡せば録音することも可能ですが、著作権侵害を疑われるとあれなので、大声では言えません(据え置き型の端末は私的利用の録音を許可しているので、こちらも指摘利用範囲内なら差し支えないとは思いますが)

もし、パソコンに高機能なスピーカーを接続している場合なんかは、パソコン経由でそのスピーカーに音を渡すことで、より良い音で楽しめると思います。


スマホでUSEN 有料会員登録

擬似タグ : /スマホでUSEN | /記事まとめ | /使い方

最終更新:2016/04/04

拍手[0回]

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[01/20 かんりにん]
[01/20 シモハチ]
[04/03 かんりにん]
[04/01 シン]
[04/01 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。