忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モバイルフレンドリー度をチェックするTest how mobile-friendly your site isが便利!

1.はじめに

「Test how mobile-friendly your site is」という、Googleの新しいツールを試してみました。

Test how mobile-friendly your site is

ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかは、Googleの別ツールでもあるPageSpeed Insightsでチェックできました。 基本的にはこれと似たような機能を持っているようです。

2.Test how mobile-friendly your site isの使い方

「Enter your website URL」というボックスに任意のウェブサイトのURLを入れるだけです。 あとは勝手にチェック機能が走り、結果が表示されます。

少し待つと結果が表示されます。

結果は、

  • MOBILE FRIENDLINESS
  • MOBILE SPEED
  • DESKTOP SPEED

の3項目で評価され、それぞれでスコアが表示されます。 100点に近いほどよく、そこから減点方式です。

MOBILE FRIENDLINESSは、ウェブサイトがスマホなどの表示画面にきっちりあっているかという評価です。 フォントサイズが小さすぎて読めない場合などには減点されます。

MOBILE SPEEDとDESKTOP SPEEDは表示速度の計測です。 表示が遅いほど減点されます。

外部のプラグインをべたべたウェブサイトに貼っていると、この項目が低くなることはよくある話です。 また、画像が無駄に容量が大きすぎたりしても減点になります。

思えば、最近JPEGやPNGの間引きをしないで画像を貼ってるのでちょっとスコアが酷いです汗

その他、無料の評価レポートももらえるようですが、現時点ではこの機能は良くわからないです。

3.ページ表示が遅い!!

というわけで、このブログを試しに表示させたら、スコアが約60点という状況に! さすがにこれは憂慮すべき遅さかもしれません。

MOBILE SPEEDの項目をチェックすると、このブログの表示の遅さを改善する方法は以下の2つが影響が大きいようです。

  • Leverage browser caching(ブラウザキャッシュの利用)
  • Eliminate render-blocking JavaScript and CSS in above-the-fold content(表示をブロックするスクリプトやCSSの除去)

このうち後者については、他のツールを利用して、どのスクリプトやCSSが時間を食っているかチェックすることが出来ます。 筆者が知っているのは、GTmetrixです。

GTmetrix

GTmetrixもTest how mobile-friendly your site is同様にEnter URL to AnalyzeのボックスにURLを入力すると、ウェブサイトのチェックが始まります。 少々時間がかかりますが、その後にWaterfall Chartと呼ばれるリストで、事細かに処理に要した時間をチェックできます。

実際試してみると、http://x4.rakugan.com/ufo/070281400とhttp://img.omni7.jp/af/af_statcont/js/import.jsのアクセスにやたら時間がかかっていることがわかります。 前者は忍者のアクセス解析、後者はセブンアフィリエイトのスクリプトです。

というわけで、これらを除いて再度Test how mobile-friendly your site isを使ってみたところ、デスクトップ側のスコアが10点程度改善しました。

モバイル側は改善しなかったんですけど、どなたが悪さしているんでしょう?

4.おわり

というわけでTest how mobile-friendly your site isのご紹介でした。

一応、レスポンシブでモバイル対応はさせてはいるのですが、基本がデスクトップサイト仕様なので、ちょっと手を入れようかなと思う次第です。 どうしてもPCユーザーよりモバイルユーザーのほうが直帰率が少し高くなるんですよね。

例えば、リンクボタンの押しやすさとか見直すべきな気がしてきました。

あまり装飾しすぎると、今度はCSSが重くなってしまいそうですが。

関連記事

最終更新:2016/06/04

拍手[0回]

とある自称自営業者の一日

1.はじめに

「とある自称自営業者の一日」と題して、とある一日の過ごし方を書いてみます。

2.とある一日の過ごし方

昼間はのんびり買い物

いろいろあって筆者は実家暮らしの自営業になりましたので、基本まったりな生活です。 奥様方しか見当たらない、平日の昼間にスーパーで買い物してたりします。

端から見たら「この人働いてない!」と思われているでしょうが、それは半分事実なので否定できません笑

どう思われようと知ったこっちゃありませんが。

夜間は本気モード

当方の営業時間は午後13時から午後23時までです。 主にエンジンがかかるのが午後15時から午後22時ごろまでです。

午前もなんかやってますが、だいたいコーヒー飲んでるだけなので、大したことはやってません。

ちなみに年中無休なのでお休みはありません(ブラック自営業)。土日はお休みのサラリーマンがうらやましくなります。

最近は消灯の早い病院生活のせいで、会社員時代よりも早く寝るようになりました。 山形いたときは明け方の4時ぐらいまでやってたんですが、現在のほうが健康的ですね。

自営業のよい点は、自身の都合で予定を決めやすい点です。 といっても、すべて自分で決められるとは言いませんが、特にインターネット上ですべてが完結する場合は自分の都合で動きやすいです。

だから昼の16時に焼き芋食べながら音楽鑑賞なんて休憩時間を設けることもできます。

なお作業中のお供はスマホでUSENです。

3.ネットベースの自営業のデメリット

この手の話は夢のようなメリットを語る話が多いので、あえてデメリットを語る。

最近暇になってきた

事前から予想通りでしたが、地元での生活は刺激が無いのでだいぶ暇に感じてきました。

インターネットベースのビジネスは、「嫌な労働から解放されるよ!」「まだ会社で消耗しているの?」的な触れ込みで宣伝されることが多いです。 が、なんでもかんでもネットで完結させると、人付き合いからも解放されてしまいます。

会社の人間関係を煩わしく思うのでなければ、割と会社員の方が楽しいと思う局面もあるはずです。

個人的には、別に仕事が嫌で嫌でこっちの世界に来たわけではないので、他の人と一緒に働きたいと思ったりします。 自営業っておつきあいする人がいないと本当に独りなんです。

余談ですが、もう少し調子が戻ったら、介護の体験とかにでも行ってみようかと思っています。 ネットでは嫌われる仕事の一つですが、ネタとしては面白そうなので。

全て自己責任よ

将来、きちんと売り上げを出していけるかは全て自己責任です。 のんびり焼き芋を食べている暇はありますが、毎日そんな生活をしていては、たちまち窮地に陥ります。

会社も同じですが、今の業態を今後30年40年と続けていけるかどうかは未知数です。 ましてや、ロボットが仕事をする時代になったら、よほど頭を使わないと簡単に仕事を奪われるでしょうね。

そういう意味で、個人的には収益の一部は債券などにさっさと投資して、収入源のリスクヘッジをしたいと考えています。 先日の入院でお金はすっからかんになりましたが、逆に「使えないお金がある」という制約がなくなったので、もうほんと税金と遊ぶお金以外は全額投じる勢いで。

4.おわり

というわけで、最近はそんな感じです。 どっかのリゾートで寝ているだけで、毎月100万円の不労所得が!という生活には本当にあこがれますね笑

冗談はともかく、明日から無職!さてどうする?で、日曜ぐらいは休もうと考えてから早2ヶ月立ったんですが、なかなか休めないですね! 手が空いているとついつい何かをやってしまいます。

とはいえ、上述の通りに現在はお金がすっからかんなので、当面は頑張るしかないところです。

今年は行きたいクラブのイベントが3つも4つもありますし。新幹線にのってクラブにいって、クラブに泊まるなんてお笑い種でしょ。

関連記事

最終更新:2016/06/04

拍手[0回]

国産のフリーVSTi「ArcTrax」を使ってみた!簡単なデモサウンドもあるよ!

1.はじめに

最近リリースされたArcTraxというフリーのVSTiを使ってみたのでご紹介します。 国産のVSTiといえば長らくSynth1が有名ですが、ArcTraxも国産のVSTなので、今後の動向に注目ですね(なんか締めの言葉っぽい)

ArcTrax | soundsphere

2.ArcTraxの概要

基本はアナログシンセを模したポリフォニックのVA(ヴァーチャルアナログ)シンセです。 2基のオシレータ、1基のフィルター(ローパス、バイパス、ハイパス)と1基のアンプを持っています。

エフェクトとして、音色を歪ませるドライブとエフェクトとしてリリースとディレイを持ちます。

オシレータ部分の基本波形はノコギリ波や矩形波など5種類ですが、オシレータごとにデュアルモードやデチューン7モード(いわゆるSupersawみたいなあれ)などを設定できるので、意外と基本的な音色の幅は広めです。 それに加えて、colorなど独自の名前がついていますが、倍音成分をコントロールする機能も持つようです。

特徴的な点として、いわゆるADSR(アタック、ディケイ、サスティーン、リリース)のパラメータは見当たりません。 その代わり、モーション機能と呼ばれる独自の変調機能を利用して音色を作ります。 おもしろいことに、このモーション機能はフィルターやアンプだけでなく、全てのパラメータに割り振ることができるため、作りこむほど変態的な音色になりやすいのが特徴です。

その他、フリーVSTiでは割と放置されがちな取扱説明書もしっかり準備されています。 何より日本語で読めるのが嬉しいですね。

3.モーション機能の使い方

というわけで、筆者は相変わらずしっかり準備された取説を読まずに使い始めて、使い方がわからないと戸惑ったので、その使い方をメモしておきます。

各パラメータのノブの右上にはLED表示部があり、このLEDが点灯しているとモーションと接続されています。 モーションと接続されたパラメータは再生時にアニメーションで動くので、あれこれ接続しているとにぎやかになります。

接続の方法は上記の図の通りです。 ここではフィルターのカットオフを例にしています。

まず任意のノブの中心部分をクリックして、そのパラメータを選択します。 選択後に右上のモーションセクションのパラメータを変更します。

v0は選択したパラメータのスタート位置です。 LEDが点灯しているときは、選択したパラメータ(ここではカットオフ)とv0は同期しますので、間違えないようにします。

v1は終了時のパラメータの位置です。 例えばv0よりもv1のほうを大きな値(v0よりも右側に回した状態)にしておくと、音を鳴らしている間にカットオフがだんだん開く効果を得ることができます。

v0からv1までの変化の時間を決めるのがtです。 tを左に回すほど急速に動き、右側に回すほどゆっくりと動きます。

また、v0からv1までの変化の仕方を決めるのはtの隣にある矢印です。 冒頭の画像では右肩上がりの矢印を選択しており、これがもっとも基本的な動きです。 例えば、その隣のパルス波っぽい矢印では、ある段階までv0で、ある段階からv1に移行するという動きをさせることも出来ます。

このあたりはLFOのかかり方と似ていますね。

上述のように、ArcTraxではモーションを各パラメータで利用できるので、複雑な音色が作りやすいです。 ダブステップみたいな、ぐちょんぐちょんに加工されたシンセリフとか作りやすいかもしれませんね。

4.というわけでデモ演奏させてみた

というわけで、デモを作りました。 音源はお約束のReddish Roadです。

シンセリードのみArcTraxを使っています。 先ほどのモーション機能はフィルターのカットオフとピーク(レゾナンス)に当てているため、VCAに割り当てられたADSRを動かしているような音色になっています。

いっぱい加工できるよ!と書いておきながら、超無難な使い方しています。 たしかにぐちょんぐちょんなサウンドは作れますが、それをうまく曲中に埋めるのは難しいんですよね。

要するに筆者の技能が足りないだけですが。

5.おわり

というわけでArcTraxのご紹介でした。

利用の際にはVST3の対応が必要です。 FLの場合には、VST3に対応したフォルダに突っ込む必要があり、VST2以下用のフォルダだと無視されてしまいます。

また動作には.NET Framework 4.6とVisual Studio 2015の再配布パッケージのインストールが必要になる場合があります。

なお、大量にトラックにインサートして、モーション機能をかますと重くなってくるようです。 シンセリードとか、特徴的な音色への利用が最適だと思います。

ちなみに恐縮なことに、公式サイトでは当方のデモ曲を採用していただきました。上記のreddish roadの他に、truthなどのArcTrax版なども公開していただいています。ぜひ、そちらもご覧いただければ幸いです。

ぜひお試しあれ!

ArcTrax | soundsphere

関連記事

擬似タグ : /ArcTrax | /フリーVSTi | /レビュー

最終更新:2016/06/03

拍手[1回]

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[07/29 かんりにん]
[07/23 ライルイ]
[11/14 管理人]
[11/11 鈴木隆夫]
[01/20 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。