忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

サウンドハウスのアフィリエイトを始める方法

1.はじめに

DTMで商売をやる方法DTMerオススメのアフィリエイトサービス3選 + αに関連して、DTM・音楽機材のアフィリエイトをもう少し掘り下げておきます。

DTMerには、無料音源ばかりでいい音にならねーよって時とか、音源もっと欲しいんだよ!って悩みは付き物。 だから「自分で機材を買って、そのレビューをして、その紹介料でさらに新しい機材を買う」という正のフィードバックが働けば、たぶん楽しいことになるはずです。

2・サウンドハウスのアフィリエイトを始めよう

DTM・音楽機材のアフィリエイトは、DTMerオススメのアフィリエイトサービス3選 + αでも触れている通りです。 ヤフーショッピングやAmazonを使う手もありますが、たぶん最強はサウンドハウスを利用したアフィリエイト

サウンドハウス

サウンドハウスなら多くのDTM関連機材が購入できます。 これほど多くの商品が揃っている音楽機材専門店(しかも通販で)はなかなか見ません。

商品の幅の広さは、売れる可能性の大きさに繋がりますね。

上記のリンク先でも触れているように、音関連のアフィリエイトは実際に音を出力できるのが大きいです。 音源のデモサウンド聞いてれば、なんだか自分も同じような曲が作れるような気がしてきて、買っちゃうんですよね。

あとあと使いこなせずに困ることを知っていながら。

なので、基本は「記事を書いてデモサウンド乗せて、最後にアフィリエイトリンクを貼る」というのが良さげです。 そしたら自分自身が作曲した曲も聞いてもらいやすいので、一石二鳥ですね。

と、話は脱線しましたが、それに適したサービスがサウンドハウスのアフィリエイトってわけです。

3.始めるまでの流れ

ウェブサイトやブログを保有

アフィリエイトを始めるためには、ブログやウェブサイトを持っている必要があるため、なんらかのブログやサイトを保有する必要があります。 そこに来たお客さんに対して、日記などをを通じて商品を紹介するためです。

今回の例では、おそらく自身の活動履歴をまとめるプロフィールサイト的な物が良いと思います。 音楽やDTMに特化していれば、そういったコンセプトでアクセスを集めやすくなるためです。

基本的にアフィリエイトに失敗する理由の1つは集客力不足です。 人を集められなければ、物は売れません。

一方、適度な集客が出来て、いわゆる「取り巻き」を作ってしまえば、売り上げは加速します。 あなたと同じものを使いたがる人が出てくるからです。鴨といえば表現は悪いですが、長く続くものはそういう熱狂的なファンの「お布施」が貢献しているものです。

というわけで、そういった趣向の音楽やDTMサイトが良いと思うのです。 HTMLサイトでもWordpressなんかでも良いと思います。

ちなみにアフィリエイトをやらなくても、自分自身のサイトは持っておいたほうが良いよ! それが自身の活動履歴を示すため、いざと言うときのポートフォリオになるからです。

アクセストレードに登録

アフィリエイトサービスを利用する為には、それを提供するASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録する必要があります。 広告主(この場合はサウンドハウス)さんに直接アフィリエイトを始めたいと申し出ても、ASPに登録してくれと言われるはずです。

サウンドハウスのアフィリエイトサービスを提供するのは、アクセストレードです。

アフィリエイトのアクセストレード
あなたのホームページ・メルマガで【広告収入】が!《アクセストレード》

いまや、5社を超えるASPに登録をしてしまった筆者が知る限り、アクセストレード以外でサウンドハウスのアフィリエイトサービスは利用できません。 ・・・我ながら、よくそんなにあちこちに登録してしまったものです。

サウンドハウスのアフィリエイトを利用する為には、アクセストレードに運営するサイトを登録し、審査をパスする必要があります。 これに通らなければサービスは利用できません。

たぶん、登録前の時点で別のアフィリエイトサービスのリンクを貼ったりしていると審査落ちする可能性があります。 ある程度サイトを作ったら、一発目でここを選ぶのが良いと思います。

あと、MP3の直接配布はちょっと判断が分かれる気がします。 ASPは著作権違反をするサイトは承認しないという規約を設けているため、楽曲頒布は疑われる可能性があるからです。 サウンドクラウド経由にするとか、自身の楽曲がパクリでないことを証明する仕組みとか、なんらかの対応は必要でしょうね。

あとは紹介するだけ

登録が完了したら、あとはサウンドハウスと提携して商品を紹介するだけです。 売るためのテクニックは必要でしょうが、それなりに人が集まるサイトならば、細かいテクニックなど知らずとも、ちらほら成約は出せるはずです。

4・自己アフィリエイトもオススメ

この話は、DTMerオススメのアフィリエイトサービス3選 + αに書いてます。 自己アフィリエイト + 商品の紹介料である程度収益を上げれば、音源購入に投じた費用の全額を回収することも可能です。

余談ですが、マイクロ法人設立への道のページで触れている「1万円起業」って本が結構売れてるので、おそらく購入費用以上の収益になりました。よい投資になったものです。

ボカロのように皆が興味を持っている音源は、15,000円ぐらい簡単に回収できるかもしれませんね。

5.おわり

以上のように、サウンドハウスのアフィリエイトを始める為には、

  1. ウェブサイトを保有する
  2. アクセストレードに登録する
  3. サウンドハウスと提携し商品を紹介する

の簡単3ステップです。

無料音源ばかりでいい音にならねーよって時とか、音源もっと欲しいんだよ!って時には是非お試しください。

ちなみに何を売るかといれば、たぶんボカロなどは売りやすいかなーと思っています。 基本的に働いているかどうかで求める音源の特徴や価格帯も違いますから、どちらの客層を狙うかですよね。

Kompleteとかは社会人になるまでなかなか買えんだろうと。

個人的に、UVIの音源ならがっつり売れる自信があるのですが、UVIは公式からのダウンロード販売になってしまったので、アフィリエイトできないんですよね。 独自のアフィリエイトサービスとか始めてくれないかなぁと思いつつ。

というわけで、アフィリエイト知ってるDTMerは、割と気軽に自分のサイトで機材紹介したりしていますから、あなたも是非お試しあれー。

アフィリエイトのアクセストレード
あなたのホームページ・メルマガで【広告収入】が!《アクセストレード》

関連記事

擬似タグ : /DTM | /アフィリエイト | /お金を稼ぐ方法

最終更新:2016/07/20

 

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント

トラックバック

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[11/14 管理人]
[11/11 鈴木隆夫]
[01/20 かんりにん]
[01/20 シモハチ]
[04/03 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。