忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

続々・Google Analyticsで株ブログ閲覧ユーザーの性別や年齢層を取得してみた

1.はじめに


その昔、Google Analyticsで株ブログ閲覧ユーザーの性別や年齢層を取得してみたという、Googleが推定しているユーザーの年齢と性別を統計データとして利用できることを記事にしてみました。

設定後、あまり気にしていなかったのですが、最近になって細かいデータを見る方法がわかってきたため、改めて見直したところ、驚愕の事実が。
感動がとまりません。

2.年齢と性別の情報について


Googleが、AdSenseで適切な広告を表示させる為に、ユーザーの年齢層や性別を推定し、どういった分野に興味があるかを見ている、ということが一時期話題になりました。
例えば、資産運用ネタを調べてると表示される広告が株や定期預金ばかりになったり、DTMネタを調べてるとNIやWavesばかりになったりするのは、これが原因です。

この情報をGoogle Analyticsで取得すれば、ウェブマスターが利用することが出来ます。

※取得する方法については、Google Analyticsで株ブログ閲覧ユーザーの性別や年齢層を取得してみたをご覧ください。

昨日書いた、Google AnalyticsでPCユーザーとモバイルユーザーの興味を解析してみたと似たような操作を行えば、年齢や性別ごとに、もしくは興味ごとに閲覧ページをチェックすることが可能です。

年齢性別なんて、割と適当に判断されているかと思いきや、かなり正確に判断されているようです。

3.あとは社外秘です


具体的なデータを元に、いろいろ書きたい話があるのですが、まだ社外秘です笑
このネタ使うだけでサイト2、3個ぐらいは簡単に作れそうですよ!

1つだけ例を挙げると、投資ブログ+投資サイトなので、基本的に未成年と成年では大きく行動が異なるという点です。
18-24歳にカテゴライズされている人達は、そもそも証券口座の開設基準(年齢制限)に達していないためか、一介の兼業投資家が何に投資をしているかには興味がありません。

そんなの当たり前じゃないか、と言うことは簡単です。

重要なのは、この定量的なデータを取得できる点なのです。
定性的になんとなく「そうだろう」というのと、「総アクセスの何%が18-24歳で、そのうちの何%がどういった投資に興味がある」では、説得力が違います。

もう、私は感動しっぱなしです。
これすごいよ、まじで。

4.おわり


というわけで、閲覧者の特徴を分析しつつウェブサイトを作るなら、この機能を利用することを絶対オススメしたいです。
大した結果が出なくても、とりあえず取得して置いて損はない。

さっそく私も次のネタに生かしたいところですが、どうも最近HTMLサイトを作るのは面倒に感じてしまって。
Wordpressを使っていないので、サイドバーのメニューなんかも全て手動で作るのがものすごく手間に感じるようになってきたんです。
ちょっと簡単なコピペツールから始めて、最終的には自前のHTMLエディタを作りたいと思っています。
プログラミングの腕を上げるためにも。

問題は、「サイトを作るのが手間→エディタ作りたい→エディタを作るにはまとまった時間が必要→まとまった時間を得るには相応の収入が必要→サイトを作らないと収入が伸びない→サイトを作るのが手間」という循環式になっている点。
だめだこりゃ。

関連記事


Google AnalyticsでPCユーザーとモバイルユーザーの興味を解析してみた
ブログのアクセス解析であなたの行動はどこまで見られているのか
続・Google Analyticsで株ブログ閲覧ユーザーの性別や年齢層を取得してみた
Google Analyticsで株ブログ閲覧ユーザーの性別や年齢層を取得してみた
Google Analyticsでユーザーの集客チャネルを見る個人的メモ
ページが行き止まりになると離脱率が高まる?

擬似タグ : /GoogleAnalytics | /アフィリエイト | /マーケティング
最終更新:2015/05/07

拍手[0回]

Google AnalyticsでPCユーザーとモバイルユーザーの興味を解析してみた

1.はじめに


Googleが無償で提供しているGoogle Analyticsを利用すれば、高機能なアクセス解析が可能です。

今回このブログのアクセスを解析するにあたって「PCを利用しているユーザーとスマホを利用しているユーザーでは良く見ているページが違うのでは?」と思い、PCユーザーとモバイルユーザーで閲覧ページに違いがあるか、解析してみました。

このブログは雑多なネタを扱ってるので、DTMのようなPCネタと、Android向けネタでは、見てる層もさすがに違うでしょうと。
 

2.設定の仕方


今回はGoogle Analyticsを利用して、PCユーザーとモバイルユーザーのアクセスログを分離し、それぞれのログで良く見られているページを割り出します。

最初に、PCユーザーとモバイルユーザーのアクセスログを分離して表示させる方法をご紹介します。



上記はGoogle Analyticsの(たぶん)デフォルト画面です。
この画面では、全てのアクセスログが1つのデータとして表示されています。

このデータを、PCかモバイルかタブレットか、という3通りの方法で表示させるために、「すべてのセッション」という部分をクリックします。

 

ここをクリックし、条件を変更することで、特定条件でのユーザーを表示させることが出来ます。
今回はPCユーザーとモバイルユーザー(モバイルトラフィック)とタブレットユーザー(タブレットトラフィック)を選択します。

ただ、「PCユーザー」という選択肢は存在しないかもしれないので、その場合は自分で作成します。



赤い「新しいセグメント」というボタンをクリックすることで、自分好みの条件を作成し保存しておくことが出来ます。
今回は、「テクノロジー」の「デバイスカテゴリ」に「desktop」を指定し、それ以外は何も変えずに保存します。
またセグメント名は「PCユーザー」としました。



こちらが、すべてのセッションに加え、PCとモバイル、タブレットの各トラフィックを同時に表示させた結果です。
青が全体、オレンジがPC、緑がモバイル、紫がタブレットです。
オレンジのデータは私のアクセス分も入っているんですけど、パソコンを利用するユーザーが最も多いです。



最後に、行動カテゴリより全てのページをチェックすることで、各ページごとのパソコンユーザーやモバイルユーザー別のアクセス数が表示されます。

3.やはり環境ごとで人気記事は違う


というわけで、結果をまとめてみると、やはり端末ごとに人気記事が異なっていました。
パソコンユーザーが良く見ているのは、


です。
その他、PCカテゴリやDTMカテゴリのネタがリスト上位に来ています。

一方、モバイルユーザーが良く見ているのは、


です。
意外なことに忍者AdMaxネタはモバイルユーザーが多い傾向にありました。
また、こちらは予想通りでしたが、無職1ヶ月ネタはモバイルユーザーが圧倒的です。

4.なぜか雅楽の舞の記事はモバイルユーザーに人気


雅楽の舞(銀杏木、ポーチュラカリア)のネタはモバイルユーザーに人気だったのが予想外です。
これって100均で売ってる植物だから、買う前にスマホでささっと育て方を調べているのかもしれないですね。

※最近記事にはしてないものの、きちんと生きてますよ。まさかの4年ものになりました。

あと、無職ネタはモバイルユーザーに読まれる傾向にあります。
おそらくですが、このネタを探しに来る層の多くはパソコンを有していないか、持っていても柔軟に使いこなせるほどの知識は無い(パソコンよりスマホを使ったほうが早いと感じている)可能性があります。

私はスマホで調べごとってやりにくくて嫌いなんですけどね。
わざわざボールドで太字にするぐらいイヤなんですけどね(大事なこry

思えば、株式のサイトでも、スマホ経由で証券口座申し込んでいる層が一定数存在するので、スマホをパソコン以上に使いこなしてる人達がいるみたいです。

って、話がそれました。

5.おわり


と、こんな感じで解析してみてると、いろいろユーザーの背景が想像できたりして面白いですね。

ちなみに、顕著にデータが出たのはこのブログだけで、他のサイトやブログでは大して違いがありませんでした。
それは、他のブログやサイトが特定の話題に絞っている為ですけど、一方でモバイルユーザーが多いサイトがあることも把握していますから、今後のサイト運営に大きく役立ちそうと感じています。

なお、これを応用すると年齢や性別ごとに良く読まれているページを分類したりも出来るようです。
こりゃすごいですね。

※投資のブログでやってみました→年齢層で異なる個人投資家の興味と情報収集

関連記事


続々・Google Analyticsで株ブログ閲覧ユーザーの性別や年齢層を取得してみた
ブログのアクセス解析であなたの行動はどこまで見られているのか
Google Analyticsで株ブログ閲覧ユーザーの性別や年齢層を取得してみた
Google Analyticsでユーザーの集客チャネルを見る個人的メモ
ページが行き止まりになると離脱率が高まる?

擬似タグ : /GoogleAnalytics | /アフィリエイト | /マーケティング
最終更新:2015/05/07

拍手[2回]

ブログのアクセス解析であなたの行動はどこまで見られているのか


1.はじめに


記事ネタが無いので、「ブログのアクセス解析であなたの行動はどこまで解析されているのか」と言うテーマで、私がどこまでアクセスログを見ているか、という点を紹介してみたいと思います。

前提条件として、普段私が利用しているのは忍者のアクセス解析とGoogleのウェブマスターツールやAnalyticsでの解析に関してご紹介します。
その他の解析ツールもいろいろあるものの、利用経験が無いので、詳細は説明できません。

2.パソコンやスマホの情報が取得できます


閲覧者がパソコンを利用しているのか、スマホを利用しているのかを知ることが出来ます。
もちろん、WindowsなのかAndroidなのかMacなのかという点も。

ブログの話題によってパソコンユーザーが多いのか、スマホユーザーが多いのか、違いが出ています。
私の定性的な感として、ITリテラシーが高い方ほどパソコンを使う傾向があるようです。
株関係のブログは意外とモバイルユーザーが多いんです。

3.検索ワードはもちろん見ています


アクセス解析と言って、もっとも想像に容易いのがどういったワードやフレーズでブログに流入してきたか、という点だと思います。
ウェブマスターツールでは検索クエリとも呼びます。

例えば、このブログであれば「忍者ブログ カスタマイズ」という検索クエリでの流入がしばしば記録されています。

これらはもちろん全て見ています。

検索クエリをチェックすることで、閲覧者がどのような事柄に興味があるのかを大局的に知ることが出来ます
加えて、どこで書いたすら覚えていないような記事にアクセスしていた場合、その記事の「再利用」もできるので、ブログの強化につながるんですよね。

良く検索されるワードは、ちょっとした小ネタとして、新規ブログに転用も出来ますよね。

4.ページ移動ももちろんチェックできます


検索で流入してきたユーザーが、次にどのページに動いたか、もしくはブログを離れていったのか、ももちろんチェックできます
こちらは、直帰率や離脱率という数値で見ています。
生ログ漁れば1人1人の解析も可能ですが、さすがにそこまではしません。

ブログを離れていくきっかけになった記事は、何らかの問題がある可能性があります。
こういった記事を改善したり、補足記事を作成したりすることも、ブログの強化になるんですよね。

5.年齢や性別だってチェックできます


こちらも大局的な話ですが、ブログ閲覧ユーザーの年齢層や性別なども取得できます
この機能については、特定の個人の年齢や性別を同定することは難しいです。

Googleは、一人ひとりの興味対象から、その人の年齢と性別を推定し、普段の興味対象に見合う広告を提示しています。
Google Analyticsを利用していれば、この情報を取得できますから、これらを踏まえてサイトを構成することも可能なのです。

ただ、このブログでは取ってないです笑

6.その気になれば個人に連絡を取ることも可能


基本的にアクセス解析ツールが導入されている場合、各個人のIPアドレスが記録されますので、利用しているプロバイダの情報も記録されることになります。
仮に、ブログ上で名誉毀損などの事案が発生した場合、プロバイダ経由で個人に発信者情報開示請求を行うことさえ可能です。

もちろん、ブログを閲覧しているだけで、こんな話になることはありませんから、そういった心配は不要です。

ちなみに企業や組織のパソコンを通じてブログを閲覧すると、企業名や組織名のIPアドレスが記録されることになります。
平日の昼間、株のブログのほうに某社とか某社とか、頻繁にアドレスが残ってるんですけど、ちゃんとお仕事してるんですかね?と思っているわけです。

7.おわり


というわけで、忍者のアクセス解析とGoogleのウェブマスターツールやAnalyticsでこれだけの情報を取得することが可能です。

その人のことは知らないけども、その人がどんなウェブ閲覧環境を持っていて、どういったことに興味があって・・・というイメージを描けるだけの情報は取得できるのです。

と書くと、ちょっと怖い気もしますね。

なお、こちらはまだ利用経験がありませんが、ブログ上で良く見られている場所やクリックされやすい場所の情報を取得するツールもあります
ヒートマップツールとかヒートマップ解析などとも呼ばれます。

こちらも個人を同定するものではなく、大局的にユーザーが興味を示す場所を得る方法です。

関連記事


Google AnalyticsでPCユーザーとモバイルユーザーの興味を解析してみた
Google Analyticsで株ブログ閲覧ユーザーの性別や年齢層を取得してみた
高直帰率の低品位コンテンツを抽出し改善するまでの手順

擬似タグ : /GoogleAnalytics | /アフィリエイト | /マーケティング
最終更新:2015/05/07

拍手[0回]

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[01/20 かんりにん]
[01/20 シモハチ]
[04/03 かんりにん]
[04/01 シン]
[04/01 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。