忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

全身麻酔の体験談。術前は怖くなるよね

1.はじめに

筆者メンテナンス中の使えるネタはすべて使うということで、ここでは全身麻酔の体験談を書いてみたいと思います。だって、手術前にめちゃくちゃ怖かったのが全身麻酔なので、きっと同じ思いの人もいるはず!ということで。

以下、手術前日〜手術当日、そして手術後24時間、という時系列で書いていきます。

2.全身麻酔を受ける前の予備知識

全身麻酔を使って手術を行う場合には、前日までに麻酔科医の説明を受けます。いろいろ術前のチェックを受けて、麻酔の効果や副作用なども説明を受けて、問題なければ書類にサインをするという流れです。

その際、以下のような話をされると思います。

なお、詳しくは専門医に相談のこと。筆者は受けた側の素人ですから。

家族や親族が麻酔で高熱を出した経験がないか

麻酔中に、悪性高熱症とよばれる遺伝性の高熱が出る場合があります(確率は数万分の1)。この障害は、冗談抜きに、命に関わる重篤な障害です。この障害が発生した場合には、麻酔を入れるほどに熱が上がってしまうため、手術は中止になる可能性があります。

親戚などでそういう話をきいたことがあれば注意が必要です。綿密過ぎるぐらいに確認しておくのがよいと思います。

術後に熱が出るのはまた別の話です。悪性高熱症は、特定の遺伝子を持つ人たちの体内に、麻酔で使う薬を入れることで発生するようです。

歯や顎まわりについて

麻酔を入れると自発呼吸ができなくなるために、酸素を供給するための管を口から肺に入れるそうです。その際に、歯に管がぶつかってしまい、歯を損傷してしまう可能性があります。

前歯がぐらぐらだったり、差し歯だったりするとちょっと危ないそうです。

また、顎関節症で口を開けずらい時に、管を通しにくいという話もあるとか。口腔周りはメンテナンスしておいたほうがよさそうです。

3.前日の飲食について

なんの手術やるかによるでしょうが、当日か前日のある一定のタイミングで飲食は禁止になります。水分よりも食事の方が先に禁止になるはずです。

筆者だけかもしれませんが、術前はアルジネードウォーターというエセスポーツ飲料的な、なんとも言えない飲み物がご飯でした。不思議とAmazonでは評価が高めです笑

ポカリみたいな味ではあるのですが・・・美味しいわけでもなく、不味いわけでもなくといったところ。また飲みたいとは思いませんでしたが・・・。

4.手術当日の一日の流れ

一日の流れ・・・といっても、お腹のもの全部だして、あとは手術台で酸素マスクをしながら点滴を受けてればいつの間にか寝てしまい、名前を呼ばれて起こされて終わりです。寝てる間に全てが終わっています。

麻酔には、静脈や背中など、幾つか注入方法があるのですが、筆者の場合は静脈経由での麻酔です。この場合には先に何か別のもの(鎮静剤?説明は受けましたが術前の緊張で覚えていません笑)を点滴しておき、そこに麻酔を追加すると勝手に寝てしまうというもの。

何か別のものを注入されている時点で視野がぐるんぐるんしてきたので、目を閉じたら、そのまま終わってました。もう、麻酔の効果に抵抗することすらできず。というか、「麻酔入れますね」という、先生の合図すら記憶にない。

ので、名前を呼ばれた時にはすべて終わっています。寝る前にはなかった尿道カテーテルや、皮膚内に血が溜まることを防ぐ、血抜きのドレーンなどが装着されていて、自身の改造人間っぷりにびっくりするかもしれません。

あとは意識が朦朧とした感じのまま、ベッドで部屋に帰ります。

SEOがどうのこうのって夢見て寝てたんですけど、どのタイミングで見てた夢なんでしょうね。

5.地獄の麻酔終了後

術後しばらくは安静状態になります。自身の体験でも、誰かから聞いた話でも、結構しんどいという意見ばかりです。特に、体に大きくメスを入れる時なんかは、術後しばらくは大変そうです。

というわけで、筆者の場合は、以下のような話になりました。一部、ネタ的なものもあるので、ここからは筆者に限った話だとしてご覧ください。

腕が・・・

力の入ってない腕は結構重いらしく、時にはその重さで神経などに負荷がかかってしまうことがあるようです。

というわけで、麻酔から目がさめた時に感じたのが、最初に感じたのが腕と手のしびれ。手に力が入りにくいほどだったので、リアルに焦りました。

だって、「もしかしてこれから腕使えないの?」って、リアルに生活にかかってくるじゃないですか。しかも、ウェブサイト作ったりプログラム書いたりとパソコンべったりな生活なのに。

術後数日は大変でしたが、徐々に回復し、現在は術前とほぼ同等の状態にまで戻しています。

蚊が!!!!

術後の絶対安静中に、どこからともなく蚊が!!

「熱い熱い」言ってたので、たぶん術後に熱が出たんでしょうけど、そんな朦朧状態でかつ汗だくの筆者は格好の的です。

しかも、不幸なことに2匹も!!!!

・・・その昔、朝の4時半に蚊と死闘を重ねた「夜明けの空中戦」以降、部屋に入り込んだ蚊は必ず自分の手で仕留めるのが筆者の信条だったのですが、今回はなすすべもなく(といいつつ1匹は近寄ってきたタイミングで仕留めた笑)

刺されると色素沈着してしまうから嫌なんですよねー。ってなんか脱線しました。

結果、翌日3箇所ぐらい刺されていて、手術の後遺症かと心配されることに・・・。

謎のスイッチ

「手術した箇所が痛いときはこれ押してくださいね」って指示される謎のスイッチ。PCAと呼ばれる、患者が自発的に投与できる鎮痛法の押しボタンです。その中身ですが・・・どうも麻薬(モルヒネ系らしい)らしいです笑。普通に看護師が「麻薬」と呼んでいました。

試しに2回ぐらい押してみたんですけど、翌日「一回も使わなかったんだね」と言われました。

押したんだけど、押しが足りなかったみたいです。残念(何が残念なのか)。

み、みずを・・・

術後一日は絶飲食と言われ、違う意味で死にかけました。部屋に水道があり、部屋の近くではトイレで水を流している音が聞こえる。でも、自分は水が飲めない・・・!

翌日になれば水が飲めるはずなので、とりあえず寝ようと思うのですが、こういうときに限って15分ぐらいの浅い睡眠後に意識が戻ってきます。熱のせいか、浅い睡眠と浅い覚醒を30分程度の感覚で繰り返す感じです。

加えて、絶対安静とも言われているため、体を満足に動かすこともできず。腕は上述の通り、しびれてアレな状態ですし。もはやただただ時間が経つのをまつ、5億年ボタンの世界に突入した気分でした。

もう、手術なんか絶対したくない(なるべく早期発見早期治療)と心に誓いました。

翌日看護師に声をかけた最初の一言は「水をください」ほんと、まじで。

6.おわり

というわけで、全身麻酔の体験談でした。何か参考になれば幸いです。

麻酔で目覚めなかったら・・・と思うと本当に怖いのですが、筆者のケースでは麻酔科医の担当の先生が前日挨拶にきて、手術が終わったら必ず目が覚めますから安心してくださいとおっしゃってたのが心強かったです。

上述のように、悪性高熱症のような合併症にだけは本当に注意が必要です。その点はしっかり事前に確認しておくのが良いと思います。

あとは医師に任せておけば大丈夫です。

関連記事

 

拍手[2回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント

トラックバック

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[11/14 管理人]
[11/11 鈴木隆夫]
[01/20 かんりにん]
[01/20 シモハチ]
[04/03 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。