忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

Studio One Freeで曲録ってみた

息抜きにStudio One Freeで曲録ってみた。

http://cyber-rainforce.net/MP3/2012/cyrf_hazy_highway_studio_one_free.mp3

音源とエフェクトは内蔵のものね。
(内蔵のものしか使えないんだけど)

なんとなくサウンドフォントで曲録りましたって感じ。
中途半端にリッチなMIDI音源ぽい。

比較はこっち。

http://cyber-rainforce.net/MP3/2011/cyrf_hazy_highway.mp3

単体で聞くとあんまり気にならないけど、比較するとやっぱ音色の質感が(;^ω^)
個々の音色で好きな音色は結構あるんだけど、やっぱエレキギターとかは厳しいw

エフェクトの種類が8種類ぐらいしかないので、何気にそこがきついかも。
一応音源付属のエフェクトもあるから、もうちょっと自由度はあるんだけど、
コンプとか1種類だし(´・ω・`)

あと、何気に動作軽いかも。

内蔵音源+最低限のエフェクトとはいえ、
IEとかついーんとかキャンバスとか、加えて常駐のカスペ先生もあるなかで、
もたりとかなくさくさくなんだよね。
 Vostroでいじってるので、CPUはC2DのT7250ね。

使い方もすんなり覚えられたし、結構気に入ったかも。

ちなみに外部からVSTがインポートできるのはStudio One Producerから。
お値段15000円なり。

まあ、VSTとかいろいろ呼んだらやっぱ重くなるんだろうなー(;´∀`)


関連記事
Studio One Free使ってみた

 

拍手[1回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント

こんばんは

プレステとかの音源みたいでこれはこれで良いですねw
残響のない感じがとっても一昔前くらいのゲームのイメージです。

無題

言い換えれば最近の曲が残響とか使いすぎなのかなーと思ってしまいました。
ちょっと音の分離感が強くて、たしかにちょっと前のゲームっぽい感じです。
ただ、やっぱ無料で使いやすいってのは大きいと思います。

トラックバック

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[11/14 管理人]
[11/11 鈴木隆夫]
[01/20 かんりにん]
[01/20 シモハチ]
[04/03 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。