忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

肩書きが欲しい時にできること。お金さえあれば

1.はじめに

なぜかこのブログに「肩書きが欲しい」という検索ワードが引っかかっていたので書いてみます。 こんな若輩者が説くことなど大した内容ではありませんが、一応知っている範囲で肩書きを得る方法を紹介してみます。

といっても、この話はお金さえ持っていれば簡単な話です。

2.ペーパーカンパニーを作れ

お金さえあれば、大した事業をやらずとも会社を作ることが出来ますから、この話は自分を代表取締役社長にして法人を起こすだけで解決します。 登記が済んだ時点から、あなたの肩書きは「代表取締役社長」です。

最初のうちはあまり信用はつかないかもしれませんが、5年10年と継続していれば、一応信用はついてくるはず。 少なくとも、周囲の人に名刺を配るぐらいなら、「社長」という相応のインパクトはあるはずです。

銀行からお金借りるときは、しっかりした事業計画書とか決算書類とかの準備が必要らしいですけどね。

事業はやる必要ありません。 毎年決算の為の費用や税金は発生しますが、あなたがお金を持っていれば、そのための費用はなんとかなるはずです。

というわけで、とりあえず肩書きをつけるだけなら法人を1つ立てれば良いだけの話です。

3.自前の資産運用会社を

といっても、まったくのペーパーだと単なる税金を払うだけの会社になってしまうので、もうちょっと策を考えます。 こんなときにお金が持っているといろいろ策を講じることができるのですよね。

お金持ちって強いわぁ。

というわけで、あなたが小金持ち以上ならば、あなたの資産を運用するプライベートファンドを作るのが良いです。 事業実体のないペーパーカンパニーではなく、いわゆるマイクロ法人やプライベートカンパニーと呼ばれる類の会社を作ります。

この法人を上手く活用することで、よりお金を貯めることができると思います。

例えば、不動産運用を行う会社を作る手があります。

お金は、たぶん不動産の家賃収入を会社の収入とし、そこからあなた自身やあなたのご家族に給与を支払う形になると思います。 運用は管理会社に任せてしまえば、これぞ不労収入源の完成ですね。

運用にまつわるお金は全て経費にできるため、例えば遠地の不動産視察と題して旅行を行えば、そのお金は丸々経費に落ちるはずです。 経費にすればその分課税所得が少なくなるため、税金が安くなります。家族旅行を経費にできないサラリーマンとは大違いです。

現実的には、人口減社会での不動産投資は難しい点があるものの、よほどの田舎の物件を掴まなければまあなんとかなるんじゃないかと(無責任)

というわけで、これであなたは無職から不動産の運用を行う会社の社長です。 不動産投資ですから、(玉石混合でしょうが)さらなる投資話が舞い込んで来るかもしれませんね。

一方、あなたが雇われ人で兼業禁止の場合には、あなたのご家族やご両親を社長に立てる手もあります。 そしてあなたのポジションが無くなったら、その会社の従業員になることで、「無職」という肩書きを無くすことが出来ます。

4.大学に行く手も?

大学の社会人コースを利用し、大学に通う手もあります。 修士や博士まで取得してしまえば、修士号や博士号を持つ会社社長ということで、肩書きの破壊力はさらに強力になるはず笑

「経営学を学びました」とか言えば、周囲はひれ伏すでしょう。

・・・経営学で何を学ぶかは知りませんが笑

5.おわり

以上のように、お金さえあれば肩書きを作ることはそう難しいことではないです。 また、ここに記載した話は私たちのような普通の一般人でも十分できることです。

残念ながら、お金が無ければこれらは実行不可能です。 事業実態の無いペーパーカンパニーを維持するにも年間数十万程度は必要でしょうから、少なくとも1,000万円以上持っているような方でないと難しいように思います。

いやほんとお金持ちって強いわぁ。

ちなみに最近買ったのが「いますぐプライベートカンパニーを作りなさい」という本。 上述の不動産投資や旅行代を経費にする話は、本書をほんのり参考に書きました。

旅行を経費にできるなんてずるい!って思われるかもしれませんが、これは正直序の口です。 個人的に旅ブログを書くようなアフィリエイターも、旅費を経費に計上しているのではないか、と思っています。


いますぐプライベートカンパニーを作りなさい!

関連記事

最終更新:2016/05/06

拍手[0回]

自営や起業してみたいなら投資もやってみるといいと思うよ

1.はじめに

なぜかこのブログから投資関係の本が売れるので、投資の話を書いてみる。 十中八九、投資サイトとのリンク貼り間違いだと思うんですけどね笑

個人的に、投資は起業や自営とも関連深いと思っています。 このブログは投資ブログではありませんが、稀に起業の話なども扱ってるので、そちらとちょっと絡めて書いてみます。

これでも筆者は投資始めて3年目。 始めた時はまだ会社員でしたが、それからいろいろあったものです。

2.投資のメリットとデメリット

投資のメリットはお金が増えること、デメリットはお金が減ることです。

って、それだけじゃ当たり前なので、もう少し真面目に。

株式投資も投資信託も、基本は他人の事業などにお金を投じるです。 普通は、この事業は将来うまく行くだろうかと考えて、成長する事業だと思えばお金を投じます。

株式投資の場合は、短期的に売買する人とと長期的に売買する人がいらっしゃいます。

短期売買では、事業の動向よりも買い手と売り手の需給関係に依存しやすいので、こちらはどちらかといえば投機(つまりギャンブル的)です。 不祥事を起こした企業の株価が激しく変動するのは、買い手と売り手の激しい売買が行われるためです。

投資が心理戦と呼ばれるのは、このあたりの理由がありますね。

一方、長期売買は上述の通り事業への投資なので、事業が成長すればその利益を享受できることになります。 アメリカの著名な投資家は、アメリカのいくつかの株式に集中投資を行い、数十年間にわたって株式を握り続けてきました。

億万長者のランキングにも顔を出すバフェット氏のことです。

このように、取引手法は人それぞれですが、総じて事業の分析力が身についたり、経済動向に詳しくなったりといったメリットがあります。 より本格的な投資家は、企業の財務諸表を読んだりしてるみたいですね。

筆者はそこまではめんどくてできないので、だいたい投資信託(ETF)に逃げる派です。

3.起業との関連性

いくつかあるでしょうが、1つはあるタイミングで逃げる、ロスカットという考え方です。

筆者の無職のサイトが手間ばかりかかるダメサイトになってしまっているように、自身の行動の全てがうまく行くとは限りません。 時には失敗し、単なる金食い虫(時間食い虫)になってしまうことはよくあることです。

投資の世界では、ある程度含み損(購入時より値下がりしてしまった株や投資信託)を手放す(損失を確定させる)ロスカットという考え方があります。 ロスカットには、損失を確定させることで、それ以上損失が膨らむことを避ける意図があります。

起業や自営で何か事を始めたとしても、どのタイミングで逃げるか、辞めるかは自身が判断しなければなりません。 「努力は報われる」方式でずるずると取り組み続けたところで、決して報われない努力もあるからです。

そんな時に役立つのが、見込みの無い事業をばっさり切り捨てるロスカットという考え方。 うまく行っている事業や、別の事業にエネルギーを再分配することで、より高い利益を目指すのです。

実は投資の世界において、ロスカットの上手さと投資家の適性がペアで語られる場合があります。 ロスカットが下手な人間は、最終的に大損を出して株式市場を退場しやすいのです。

起業や自営も同じです。

私たちは、最後までやり遂げることが良いことだと教わっていると思いますが、最後までやり遂げて100点満点になるのは学校のテストぐらいです。 ライバルが多数いる市場の世界では、最後までやり遂げたところで50点に達しないことさえあるのです。

うまくいかない事業は躊躇無く切り捨てる。事業を行う上でこの感覚はおそらく必要だと筆者は考えます。

4.起業したいなら投資もやるといいよ

というわけで、起業したいなら投資も手を出して見ればよいと思います。 投資を通じて発想力を養うのは難しいですが、お金を回す経験は養えると思います。

5.おわり

そんなわけで投資歴3年目の筆者の今年の目標は投資額を増やすこと。 あと、あちこちに書きましたが401kでの運用も始めること。

これでも昔は「お金は貯金しなさい」という、典型的な中流サラリーマン家庭で育ったわけですが、よくまあここまで投資!投資!と性格が変わったものです。

別サイトにも書きましたが、株主優待などで救われた点も大きいです。 よく投資を始めたなぁと、当時の自分を褒めてつかわすところです。

10年後ぐらいには、自身の資産を運用するプライベートカンパニー作れるぐらいになりたいものですね。


全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

関連記事

最終更新:2016/05/06

拍手[0回]

実家暮らしの自営業始めました。お仕事ください

1.はじめに

この度、さいれほ氏は15年ぶりに実家ぐらしすることになりました。

M3も終わって、たぶん6月からは時間ができるので・・・、北東北のみなさま(特に八戸近郊の方)、お仕事くださいw

ちょっとしたウェブマーケティングならできるはず。

2.実家暮らしの自営業の功罪

一般に実家暮らしのメリットは、一人暮らし時に比べて生活費を合算することができるため、出費が少なくすることができます。いい大人が実家暮らしなんて・・・という意見もありますが、お金を増やしていくには合理的な選択です。

一方、デメリットは実家ならではの「ゆるゆる感」が出てしまうことです。一人暮らしの緊張感が抜けてしまい、堕落した人生になってしまう場合もあります。

ニートやひきこもりの方が実家から抜けられないのは、「働かなくてもご飯がでてくる」。この点が大きいですよね。

筆者もそのゆるゆる感に負けてしまうのが怖いところですが、将来の人生もかかっているので、ここでさらに活動をブーストさせるつもりです。めざせお金持ち!!

ただ、その場合にちょっと心配になってくるのが、税金の問題です。生活が苦しいから汗水垂らして働いたのに、それを税金で抜かれるなんてとんでもない!

3.節税しよう

自営業のうち、特にインターネットをベースとしたネットビジネスの場合は、なんとか経費を使わないと税金がとんでもないことになる可能性があります。せっかく実家に帰ってきて出費を減らしても、税金でたくさんお金を抜かれてしまうのはちょっと困りますよね。

さいれほさんもそろそろ老後のことを考え始めているのですよ。今の所お一人様ですから。

というわけで節税を講じていくつもりです。

脱税じゃないよ。

節税とは、合法的な方法で税金を減らすことです(いうまでもなく脱税とは非合法な手段)。例えば、以前書いた401kの話も税金を減らす方法の1つです。

最大で毎月68,000円まで掛け金にできるので、もうフルでかけてやろうかなと思っています。仮に毎月、ざっくり7万かけたと計算しても、1年間で84万円、30年間で2,520万円ですから、老後の豊かな生活を考えた場合にはあまり多いとは言えません。

401kはハードルが高いと感じるなら、国民年金基金のように年金運用を委託できる方法もあるので、調べてみることをお勧めします。

なお、自営業者が国民年金だけ掛け金にしていても、絶対に老後は生活できません。本当に絶対に無理です。いや、冗談抜きで本当に無理です。

プライベートカンパニーを作ることも最強の節税策だったりするんですが、ここはまだ勉強中なので詳細はちょっと保留。先日、今すぐプライベートカンパニーを作りなさいという本を買ったのですが、まだ黒い猫さんに運んでもらっている最中です。

4.残りのお金は投資にフルスロットル!

401kの掛け金は上限があるため、全額税金控除は不可能です。それでも将来を見越して収入を増やすための方策は投資や資産運用という手段が最適です。

筆者の別サイト(リンクはこっちに貼ってます)では書いているんですが、最近は外国債券やREIT(不動産投資信託)と呼ばれる商品にお金を回すようにしています。

預金のような商品が息をしていないので、積極的にお金を増やすためには積極的にリスクを取らねばなりません。

幸い(?)なことに、今年は年初に結構損を出してるので税金は安くなるかも。

5.おわり

というわけで、日曜日のM3が終わってからどたばたで引っ越しです。なんだか前に東京から山形に引っ越した時も、M3後に72時間で引っ越しを完了させた記憶があります・・・。

インターネットベースのビジネスは、一人で完結できることが魅力であり、デメリットでもあります。当面は、人とのつながりを作りたいなぁーと思うので、ネットベースでもあっても人とのつながりを模索していきたいと思います。

単純に田舎って刺激も何もないんで、そういうのが欲しいですよね。

関連記事

拍手[0回]

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[05/02 お]
[07/29 かんりにん]
[07/23 ライルイ]
[11/14 管理人]
[11/11 鈴木隆夫]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。