忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

出来る人のお金の増やし方という本を買ってみた!

1.はじめに

「出来る人のお金の増やし方」という本を買ったので紹介してみます。 ひさびさのお金にまつわる本です。

2.出来る人のお金の増やし方とは

その名の通り、お金を増やすことをテーマにした蓄財哲学の書籍です。

「お金持ちはこうする」「お金持ちはこんな生活をしている」といった本ではなく、「お金を増やすために何をすべきか」とお金を増やす方法を説く書籍です。 お金を増やす、もしくは減らさない考え方をルールと呼び、計116のルールを解説します。

各ルールは、投資をしようとか借金はさっさと返そうといったものから、仕事に対する取り組み方などを説きます。 割と幅広くネタを扱っているため、実はお金儲け以外のシーンでも役立ちそうな話題もあります。

全体的には、具体的な事例の少ない自己啓発書的な書籍です。

なお、1ルールは見開き2ページで解説されているので、どこまで読んだかや前後関係を気にせず、気軽に読めるのが特徴です。

著者であるリチャード・テンプラー氏は過去にも仕事の仕方や人生の生き方など、様々なテーマにまつわる書籍を出版しています。

それら書籍には全てRulesという単語がつくことから、まとめて「Rulesシリーズ」と呼ばれているようです。

3.興味深い言葉

本書を読んで、いくつか興味深い言葉をご紹介します。

お金は人を差別しない

これは最初のルールです。 お金は人を識別することはできないので、あなたにお金持ちになる資格があるかどうかは判断できない、というものです。

加えて、あなたが今日お金を手に入れられなかったのであれば、その原因はお金ではなくあなたにある、とも説きます。 なかなかに厳しい言葉です。

端的には、「あなたが貧乏なのはあなたの責任だ」と言っているようなものですから。

お金が欲しいなら行動するしかない

結局はこれです。 お金を稼ぐためには、それを稼ぐための行動と努力をしなければいけないのです。

個人的には「天才と呼ばれる人の多くは、単に一般人より努力しただけ」だと最近思い始めています。 例えば、良い曲を書くDTMerがいれば、その人はそこらのDTMerより多くの経験を積んでいる、という解釈です。

もちろん生まれ持った才能もあるでしょうが、だいたいの人は生まれた時点ではそんなに大差はないでしょう、と。

お金の話も結局これだと思っています。 お金がないなどと悩んでいる暇があったら、何か稼ぐ方法を考えたほうが良いのです。

うまい話は疑ってかかる

これは実生活で役立つ話です。 ちょうど、ネットワークビジネスの勧誘を受け(そうになっ)た話なんて話を書いた直後でしたね。

本書の特徴は、全編が哲学的な話に終始するのではなく、実生活で注意すべき点なども触れている事が挙げられます。 この手の詐欺の話は、他にも数ページで出てきます。

似たような言葉に、「誰もあなたをお金持ちにしてくれない」というものもあります。 冷静に考えればそうだと分かるのですが、この手の儲け話に引っかかる人は多いんですよね。

4.実用的な話題は役立つよ

基本的にお金儲けの本は、

  • 事業を起こしてがむしゃらに働け
  • 投資でお金を運用しろ

という展開になりやすいので、具体的な儲け話を求めている人にはあまり役立ちません。 具体的な儲け話が知りたいならば、稼げる資格みたいなムック本を読んだほうが早いです(実際に儲けられるかは不明)

ただ、本書は「お金を必要以上に減らさない」という観点で、実用的な話題がいくつか出てきます。 これもお金を増やす方法の1つです。

例えば借金に関する考え方があります。

お金にまつわるよくある失敗談として、クレジットカードのリボ払いがあります。 リボ払いは毎月の支払額が小さいために、一見すると利用者に魅力的な制度ですが、実体は支払いの大半が利息にあてられており、借り入れ元本はほとんど減っていなかったというオチが付きます。

本書は、リボ払い云々以前に「借金はするな」と説きます。 また借金をした場合でも、いつくかの対処例を挙げつつ、返済を優先するよう述べています。

上記の詐欺話に注意しようというのもその1つです。 これについては話題の重複も見られますが、重複してまで述べているのですから、それほど重要なことだと解釈することが出来ます。

日本では、この手の話を勉強する機会が無いので、自衛のためにも自発的に学んでおくべきです。 失敗してから「失敗した!」では遅いので。

5.おわり

というわけで、「出来る人のお金の増やし方」の概略でした。

本書は実用書と自己啓発書のエッセンスがそれぞれ上手く取り入れられています。今まで積極的にお金を稼ぐことに縁が無かったとしても、「自分でもできる」と背中を押してくれる一冊です。

割とテーマが幅広いので、お金にまつわる知識を全般的に広く知りたい方にオススメです。必ずしも投資云々に結びつける本ではないので、堅実に貯金で資産を築きたい方でも読むことができます。

ちなみに、一番最後に苦笑い物のルールを紹介しておきます。

「社会の現実を受け止める」

社会の仕組みがおかしいなどと不満を言ってもしかたがない、だそうです。 たしかにそうですね笑

kindle版のほうが安いです。ちなみにkindleの電子書籍でPCやスマホのアプリなどでも見れるのですよ?私は最近知りました。


できる人のお金の増やし方

関連記事

擬似タグ : /お金持ち本 | /成功哲学 | /書評

最終更新:2016/06/29

拍手[0回]

執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学を買ってみた!

1.はじめに

買ったのだいぶ前ですが、「執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学」という本があるので紹介してみます。 著者は、大富豪向けの執事サービスを提供する会社を経営しており、かつご自身が大富豪の執事をされている新井直之氏。

前著には、「執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣」という本もあります。 どちらも保有していますが、今回は53のお金の哲学のほうを紹介します。

2.「執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学」とは

その名の通りのお金持ち本です。 大富豪はこういうお金の投資・消費をします、という哲学を、執事目線で紹介している書籍です。

大富豪はこんなビジネスでこうやって大儲けしている、といった、具体的な儲けのテクニックを紹介する本ではないです。 そういう本がほしければ、たぶん下記のほうが良いかな?

そんな仕組みがあったのか! 「儲け」のネタ大全 (できる大人の大全シリーズ)

話は戻って、53のお金の哲学の話。 本書はお金をテーマにしているものの、人付き合いにまつわるコンテンツが多いように思います。

例えば、以下のような章題。

多くの人に会うことがお金を生み出すことをご存知です。

出典:執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学

というもの。

この章では、たくさんの人と会うことで、その中から仕事のパートナーや協力者を探そうということを説いています。

書籍の方向性としては、お金持ちの教科書を買ってみたで示したお金持ちの教科書が近いかもしれません。 お金持ちの教科書も、「お金持ちはこうやっている」と、著者が客観的な視点でお金持ちの哲学を紹介している書籍ですから、どうしても似たような雰囲気も出てきます。

ただ、お金持ちの教科書に比べると、どこか別の世界の人って雰囲気が出ているのが、53のお金の哲学です。 大富豪というタイトルがそう思わせているのかもしれませんね。

3.53のお金の哲学で私たちが真似できること

大富豪なんだから、さぞすごいことをやっているんだろうと思いがちですが、実際はそんな難しい話はありません。 割と私たちが真似できそうな点も多いのです。

例えば、上述の「多くの人に会うこと」も簡単に真似できることだと筆者は考えています。

ちょっと脱線しますが、筆者は無職のサイトを作るために、無職になった人間が陥りやすい様々な事柄を調べました。 その時に上がってきたのが、無職になったことで、見栄やプライドが原因で人付き合いができなくなる、という事例です。

筆者個人はこれを致命的な失敗事例だと認識しています。

助けてと言えない 孤立する三十代を買ってみた!の本が示すように、うまく人と関われないとお金儲けが出来ないどころか、そもそもお金が手元に集まってすらこないという状況に陥るからです。

無職に限らず、仕事の現場においても、一人で全部やろうとすることって大抵失敗しますよね。 いわゆる完ぺき主義というやつです。

と、話が外れましたが、筆者の周りでお金を稼いでいる人達は皆、交友関係がかなり充実しています。

飲み会の席でいろいろ話していて、そこから何かを始める人達もいました。 お互い教えを乞うこともとても上手いですし、お互いが尊敬し合っている様子さえ伺えます。

一方、あまりお金を稼いでいない人達はほぼ例外なく交友関係が狭いです。 だから、お金を稼ぐ方法も自分が知っている方法しかできませんし、そこから副業などの何かが派生することも無いようです。

もう、人間嫌いとか人付き合い苦手とか言ってられないと筆者は思うのですが、あなたはどうでしょうか。

4.おわり

と、いろいろ脱線しまくりましたが、そのほかにももちろん投資や節約、お金の使い方に関する話題も出てきます。 来客者に高級な食事を振舞う話なんかは、よく他のお金持ち本にも出てきますよね。

本書が本当に大富豪の価値観を反映しているのかどうかは分かりませんが、本書が指摘することはおそらく事実です。 他のお金持ち本や幸せはうつる?私たちが幸せになる方法で示した幸福の習慣でも似たような指摘があります。

文体がやさしく、読み物としてさらりと読めるので、筆者は好きな1冊です。 校正などを含め、おそらくすごく丁寧に作られている印象を受けます。

お金とは別に人間関係を充実させたい方にも良いと思います。 本書に描かれたプレゼントの振る舞いなんかは、即応用可能な方法だと思います。

詳しくは書籍をご覧になってくださいまし。


執事だけが知っている世界の大富豪53のお金の哲学

関連記事

擬似タグ : /執事 | /成功哲学 | /書評

最終更新:2016/03/21

拍手[0回]

これからのお金持ちの教科書を買ってみた!

お金持ちの教科書と影響力の武器 撮影者は@planet_f108

1.はじめに

最近、本を買いすぎて積読生活の筆者でございます。 確定申告時に雑所得で申請をしても経費が使えるらしいので、それなら大人買いしちゃおうという魂胆なのですが、買うだけ買ってまったく読んでないという・・・。

というわけで、本日購入した書籍が「これからのお金持ちの教科書」と「影響力の武器」です。 このうち前者のこれからのお金持ちの教科書について簡単にレビューしたい。

これからのお金持ちの教科書

2.これからのお金持ちの教科書とは?

加谷珪一氏執筆の「お金持ちの教科書」シリーズの第三段です。

私、買いすぎだろう・・・ってぐらいこの方の書籍買ってますわ・・・笑

このうち、お金持ちの教科書と大金持ちの教科書は、著者が運営する同名のウェブサイトを書籍化したものでした。 が、今回のこれからのお金持ちの教科書は同じ記事が見当たらないので、どうやら書き下ろしのようです(見逃してたらごめんなさい)。

書籍の目次を紹介すると、

  • すでに始まっている「新しい資本の時代」
  • スマートフォンが本当に変えたもの
  • 新しい時代における「稼げる人」を考える
  • これからの「富のルール」を知る
  • 情報を制する物がお金を制する
  • 新しい資本の時代を生き抜くために

また、各章の最後に「2025年までにお金持ちになるためのヒント」も6個書いてあります。

3.キーワードは「ネット」と「個人」?

実はまだ細かいところはしっかり読んでないのですが、ネット技術の発達や、それを通じて個人が直接仕事を取れるようになったことをベースに、今後世界がどのように変わるかといったテーマであるように思います。

例えば、わざわざ社内で事務方が行っていた仕事なんかは、いまやクラウドソーシングで個人が受注出来る時代ですよね。「社外に外注なんてとんでもない」と思われるでしょうが、近年は組織に依存せずとも個人ベースで成り立つ仕事が増えてきましたよね。 最近話題のAirbnbもわざわざ組織を作らずとも自分でいつでも旅館業を始められてしまうという(法律的な障害はあるが)。

といった話が書いてあります。

ブロガーだって、個人が広告業に参入したようなものですから、同じですよね。 その気になれば、個人で本を出版できますし、私のような同人音屋なら楽曲だって売れる。書籍で指摘されると別世界の話のようにも思えてしまいますが、私たちの身近では個人ベースで簡単に始められる仕事が確実に増えています

正直、本当に大きな仕事(xx億円プロジェクトのような)をしたい時だけかもしれません。 企業に所属する意味があるのは。

4.おわり

後半のブロガーの話なんかは筆者が付け加えただけですが、本書にはネットに関する話題が豊富に出てきます。 あなたが、これから副業とか起業とか始めたいと思うのでしたら、読んでおいて損は無いです。

私は、個人が稼ぐことで企業が淘汰されていく時代が来ると信じています。 いろいろな経緯があって今フリーランサー気取りをやっていますが、今年このことを知って本当によかった。

ただ個人が稼ぎ始めるということは、ライバルもたくさん増えていくって事ですから、負けないように頑張らないといけないですね。

ちなみに、「これすると絶対儲かるよ」という安易な稼ぎ方を紹介する本ではないので、楽に儲けたいという方にはオススメしません。

本書でも指摘されています。 これからの時代に重要なのはアイデアだ、と。

新品で1,620円、中古やKindle版はそれより安く購入可能なので、現在の価格はAmazonでチェックしてみてね。


これからのお金持ちの教科書

関連記事

擬似タグ : /お金持ちの教科書 | /お金を稼ぐ方法 | /書評

最終更新:2015/12/20

拍手[1回]

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[11/14 管理人]
[11/11 鈴木隆夫]
[01/20 かんりにん]
[01/20 シモハチ]
[04/03 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。