忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

ファイルを改変・暗号化するランサムウェアにどんな対策してる?

2015年12月05日のとちにすいはら式+等のOS別アクセス 忍者アクセス解析を利用

1.はじめに

ファイルの改変・暗号化を行い、身代金を請求するマルウェア(ランサムウェア)が増えているらしいです。 最近は広告を乗っ取って配信される場合もあり、アドセンスを使ってる筆者にも困った話です。

そこで、現状筆者が講じてるセキュリティ対策をご紹介してみます。 これといってすごいことはやってないんですが、もしよかったらあなたの環境と見比べてみてください。

ちなみに筆者の環境はDTM用途のWindows 7ですが、あまりにひどくなるようならネット閲覧はMacbook AirかLinuxの環境に切り替えようと思います。

2.セキュリティアップデートは必ず行う

セキュリティリスクへの対策はこれが絶対です。

現代のマルウェア(ウイルスやスパイウェアなどの総称)の感染経路の多くは、Internet ExplorerやFlash playerの脆弱性をついて侵入してくるため、それらの更新を怠ると感染の危険性が高くなります。 Windows updateや関連プラグインの更新は必ず行うことをオススメします。

また、Windows XPでウェブを見るのは今すぐ止めたほうが良いです。 その環境で感染してしまっても、そりゃ仕方ないとしかいえないです。

・・・冒頭のグラフのように、いまだにXP由来のアクセスもあるのですが、それはさすがに危機意識なさすぎです。

5万程度でPC更新するのと、思い出のデータ群を失うのと、どちらを選びますか?と問われたら、普通は前者でしょう。

3.セキュリティソフトはKasperskyを使ってます

筆者はカスペルスキーインターネットセキュリティを使っています。

現在のカスペルスキー2016はWindows、Macに加え、Androidにもインストール可能になっています。 今ご覧のあなたも、そのいずれかは保有しているでしょうから、1年5台版がオススメです。 長期に使うなら3年版もありますね。

ちなみにバナー広告対策機能もついてますから、広告経由の感染が心配ならぜひ使ってみてください。ただ、これを利用した場合、不完全なウェブの表示や、適切な動作さえもブロックされる弊害も生じます。一長一短な機能だと思ってください。

広告を閲覧しても適切にアップデートをしていれば感染は防げます。多くの場合、アップデート漏れなど自身のマシン側に脆弱性を持っているケースが多いように筆者は考えます。

4.Malwarebytes Anti-Malware Freeも使ってます

Malwarebytes Anti-Malware Freeというソフトはご存知ですか? フリーで利用できる非常駐型のマルウェア駆除ソフトで、広告のおまけのようなアドウェアも駆除することができます。 どちらかというと、スパイウェアやアドウェアに強い印象があります。

詳しくはVectorの記事をご覧ください。

Malwarebytes Anti-Malware Free | Vector

なお、Malwarebytes Anti-Malware Freeは非常駐のため、カスペルスキーインターネットセキュリティと共存可能です。 有償版は常駐できるらしいですが、その場合はバッティングするかもしれません(試したことないです)

5.ここまでのまとめ

以上が、筆者の現在の状況です。

  • セキュリティアップデートは必ず行う
  • セキュリティソフトはカスペルスキーは利用しています
  • 予備のソフトとしてMalwarebytes Anti-Malware Freeも利用中です

いまだにOSがXPとか、あまり評判の良くないセキュリティソフトを利用している場合には、手を打つことをオススメいたします。ちなみに無償版のセキュリティソフトは意外と上級者向けですので、よくわからなければ市販品を使ったほうが良いです。その場合には「インターネットセキュリティ」と名のつく統合型を選ぶと良いです。

昔のPentium 4とかそんな時代と違って、CPUやHDDが発達しているため、セキュリティソフトを導入してもそれほど動作は重くならないと思います。

筆者は、Macbook Air(Core i5)の仮想マシン上にWindows 10をインストールし、そこにもカスペルスキーインターネットセキュリティを導入していますが、 今のところ、そちらの動作が重いと感じたことはありません。

6.ランサムウェアに感染した場合の対処法

このあたりはウイルスの開発者とセキュリティベンダーのいたちごっこですから、これが絶対の対策法ではありません。 ですが、一度世に出たものは対処法も出てくるものです。

ランサムウェアCoinVaultを除去してファイルを復元するには | Kaspersky Lab

上記はCoinVaultと呼ばれるランサムウェアを駆除(暗号化解除)のために、Kaspersky Labが開発したツールです。 このようなソフトを利用すれば問題を解決できる場合もありますので、知っておくと良いと思います。

7.おわり

以上です。

カスペルスキー、私はもう5、6年ぐらい使っていて、現在までにウイルスを拾ったことはないです。セキュリティソフトの選択で困ったら、候補に入れてみてください。

もし、本格的に優れた機能のソフトを探すなら、海外の評価機関(AV-comparatives)の結果も見てみるのも良いと思います。

余談ですが、個人的に広告バナーのセキュリティ対策は今後進むんじゃないかなと思っています。 多くの場合、広告バナーを配信することで配信側はお金をとっているため、少なくともグーグルのような広告収入に依存する企業は死活問題だからです。

少なくとも、広告非表示は長期的にウェブのコンテンツを衰退させるものだと知っておいて欲しいです。多くの無料コンテンツが広告収入に依存するから運営できるのであって、それがなくなれば運営終了か有料化するのは当然です。

ゆえに、私は常にバナー対策機能は無効で利用していることは付け加えておきます。Amazonにもカスペの広告ブロックの話があるので、あわせてチェックしてみてください。

カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティの製品情報はこちら


カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ 1年5台版(最新)
(Amazonはこちらから)

関連記事

最終更新:2015/12/08

 

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント

トラックバック

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
30代個人事業主のDTMerで3104式の中の人。

音楽以外にはお金の話が好き。株式投資や投資信託もやってるよ。
マイクロ法人立ち上げを目指し、脱雇われ人の道を模索中。

活動域は青森県八戸市周辺。一緒にお仕事しましょう。

プロフィール詳細はとちにすいはら式+についてをご覧ください。

バトルモード3

2016年春M3の企画はバトルモード3!!


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[01/20 かんりにん]
[01/20 シモハチ]
[04/03 かんりにん]
[04/01 シン]
[04/01 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。