忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

雅楽の舞を挿し木した件

1.はじめに


雅楽の舞を挿し木したのでその経過を書いてみます。

2.挿し木しました


DSC_0151.png


1か月前に雅楽の舞を挿し木にした話。

ここ最近、太陽に向かって葉っぱの向きが変わるようになってきた。
と、思ったら新しい葉っぱが出つつあるんですよ!

4枚のみどりみどりした葉っぱは挿し木した時から残しておいたもの。

中央ものすごく小さく見える赤いのが新しい葉っぱのもと。

挿し木にしてから1ヶ月ぜんぜん変化がなかったんで、そのまま枯れてしまうのかとすごく心配になりました。
次の週末にはもうちょっと形がしっかりしてくれるかなー。

ちなみに現在は、雅楽の舞のほかにテトラゴナも挿し木に挑戦してる。
密集しすぎて成長できなさそうだったので、2本とった。

日々の変化がすごい楽しみです。

3.昔はこんなんでした


それにしても、去年夏に100均で買ったときのちっこさが懐かしい。
(一番右側のやつが挿し木の元にした雅楽の舞)

110914_195532.JPG

現在↓

DSC_0138.png

・・・ちと元気すぎねえか(;´∀`)

ちなみに挿し木するにあたっては下記のサイト様を参考にさせてもらいました。
http://www13.plala.or.jp/jayokan/index.html

簡単に書くと、挿し木用に採ったのはあんまり成長してなかった部分だけど、
二節ぐらいの長さで切って、写真以外の葉っぱは切った。
あとは地面に植えて放置。

もうちょっとふやそうかな。

4.後日談


記事を書いてから、約一週間で新しい葉っぱが出てきました。

DSC_0153.png

きちんと根がついたようでよかったです。

関連記事


ポーチュラカリアの増やし方

 

拍手[2回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント

トラックバック

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
30代個人事業主のDTMerで3104式の中の人。

音楽以外にはお金の話が好き。株式投資や投資信託もやってるよ。
マイクロ法人立ち上げを目指し、脱雇われ人の道を模索中。

活動域は青森県八戸市周辺。一緒にお仕事しましょう。

プロフィール詳細はとちにすいはら式+についてをご覧ください。

バトルモード3

2016年春M3の企画はバトルモード3!!


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[01/20 かんりにん]
[01/20 シモハチ]
[04/03 かんりにん]
[04/01 シン]
[04/01 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。