忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

自分を変える方法

1.はじめに

弊ブログは、いつの間にか意識高い系ブログになりつつあるので、引き続き意識の高い話題で記事を書いてみます。 テーマはありがちな「自分を変える方法」。

自分を変える話は、自己啓発の格好のネタなので、この手の本は多いですよね。 また、同じテーマを掲げるウェブサイトはたくさんあって、だいたい

  • 意識を変える
  • 挑戦をする

というオチに結びつきます。

ただ、理由もなく意識を変えたり、挑戦したりするのは難しいです。 ので、意識を強制的にかえてしまうような強い理由や目的があれば良いと思うのです。

2.自分の意識を強制的に変える方法

結論から言うと、例えば貧困のように、自身が変わらなければ生活できないような、過酷な環境に自身を追い込むことです。 行動しなければいけないという環境なら、人は必ず動きます。

そもそも、生物の進化は必ずと言っていいほど、過酷な環境の中で生じています

例えば、「人類がなぜ二足歩行を始めたか」という話では、仮説の1つに「気候変動でジャングルが縮小し、遠方に移動せざるをえなかった」という「サバンナ説」があります。 樹木から降りて移動する際に、二足歩行の方が有利だったために、それを始めたというものです。

また、人類が服を着るようになった起源は、約7万年前の「トバカタストロフ」に起因するという研究もあります。 トバカタストロフとは、インドネシアにあるトバ火山が破局噴火をし、世界の気温の変化とともに、人類も絶滅の危機にさらされたというものです。

人類の体毛が失われた理由ははっきりしないものの、この寒冷化が原因で服を纏うようになったそうです。

進化を例に挙げましたが、現在の技術開発だって同じです。 身の回りの便利な道具が、実は戦争で戦って勝つために開発された技術だった、ということも多いのです。

このように、自身(や組織)の危機的状況において、私たちは自己を変えて生き延びる能力を持っています。 この本能的な能力を利用するのが筆者の考えです。

3.すべての人が変われるとは限らない

上述では貧困を例に挙げたのですが、やはりそれを武器にできる人とできない人は出てきます。 それは環境因子もありますし、性格的な理由もあると思います。

自己変革を望んでいても、すべての人が変われるとは限りません

結局のところ、変われる人はどんな環境でも変われるでしょうし、変われない人は何をどうしても変われないと思います。 そして、変われる人にとって、貧困のような過酷な生活環境は大きな推進剤になるはず、というのが筆者の結論です。

もちろん、変革のための「武器」を手にすることもできず、貧困に喘ぎ続けるならば、それは手を差し伸べるべきだと筆者は考えています。 本記事は、現在の日本の経済格差や貧困問題の存在を無条件に肯定するものではないです。

4.変われる人と変われない人の違い

では、変われる人と変われない人は何が違うのか。

いろいろ理由があると思いますが、筆者は少なくとも、誰かが助けてくれるという依存心の強い人は、自分で自己を変革することは難しいと思います。 言うまでもなく、他人が助けてくれれば、自分が行動しなくても問題は解決するからです。

また、なんとか変わりたいけど変われない人の中には、無意識的に自身の不遇さの原因を外部に求めている場合があります。 つまり、現状は問題であり、なんとかしたいと思っているが、その問題に対して自身はできることをやっており、うまくいかないのは周囲が適切に評価してくれないから、という考えです。

彼らは、他人に期待しすぎるのかもしれません。

この手の人たちには、仮に適切な解決策を提示したところで、行動することはありません。なんとかしたいというのはあくまでパフォーマンスなのです。

なんだかアドラーっぽくなってきましたね!

5.おわり

この話の怖いところは、変われる人間は、「変わりたい」とパフォーマンスをしている彼らを横目に、どんどん先に行ってしまう点です。 今この時も、両者の差は開き続けているはずです。

私たちも少しでも前に進みたいものです。より良い将来のためにも。

なお、普通はこのあたりで「本当に変わりたいあなただけに」と自己啓発セミナーのクロージングが来るのですが、弊ブログにはそのようなものはありません笑

ちなみに二度寝をやめることを年初に誓った筆者は、結局自身を変えられず。本記事は、そういう変われない人間が書いた記事なのであしからず。

内心変える必要性を感じてないんでしょうね。


アドラー心理学の名著 嫌われる勇気

セブンネットショッピングでのポイントチェックはこちらから

関連記事

擬似タグ : /成功哲学 | /アドラー心理学 | /自分を変える方法

最終更新:2016/01/07

 

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント

トラックバック

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[11/14 管理人]
[11/11 鈴木隆夫]
[01/20 かんりにん]
[01/20 シモハチ]
[04/03 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。