忍者ブログ

とちにすいはら式+

痒いところに手が届かない雑記ブログ。お金とDTMの話が多め

近未来的音楽素材屋3104式
↑音楽素材はこっち↑

とちにすいはら式+

Canvas 14でハッチを自由に設定する方法

要約

ACD systems Canvas 14で、長方形ツール等で描いたボックスの塗りインクをハッチに設定したとき、色、太さ、角度などを自由に変更することができます。手順は、描いた図を右クリックし、「属性」を選択することで、中のハッチを設定するダイアログが起動します。


1.はじめに


ACD systemsのCanvas 14で、長方形ツール等で描いたボックスの塗りインクをハッチに設定したとき、いつも同じ設定で使いにくいと思っていました。
が、ついに変える方法を見出しましたので、ご紹介します。

2.ハッチの変更のしかた


単純な例として、ここでは長方形ツール等で描いたボックスにハッチを設定したとします。 後述する図の、上の角丸長方形が描けます。
それを右クリックして、「属性」を選択します。

Canvas 14ハッチ変更手順

上図中で、「属性...」という選択肢をクリックして、属性ダイアログを開きます。

Canvas 14ハッチ変更ダイアログ

ダイアログで、「レイヤー」を選んでから、その上の鉛筆の色を変えると、色を変えることができます。
今回のハッチは横線と斜め線の2枚のレイヤーからできていますので、それぞれ色を変えてください。

Canvas 14ハッチ変更適用前後

こんな感じです。
上がデフォルトです。
下が横線と斜め線の2枚のレイヤーを赤と青に変更したものです。

属性機能では、今回紹介した線の色以外に、線の太さ、間隔、交差する角度等を変更できます。
レイヤーを増やすことで、プリセット以外の格子模様も作成できますので、複雑な設定も可能です。

3.おわり


今まで、「なんだこの機能使えねぇな」と思っていましたが、変え方知らなかっただけでした(;´∀`)

Canvas 14にもいろいろな機能があるものです。

関連記事

Canvas14習作その2。雲を描いてみた
Canvas14習作その1
グラフィックソフトウェアといえばAdobeなのだが

擬似タグ : /Canvas14 | /備忘録 | /日常のお話

 

拍手[0回]

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント

トラックバック

スポンサーリンク

PR

ブログ内検索

記事書いてる人

運営者:
さいれほ@planet_f108
3104式の中の人。
音楽以外にはお金の話が好き。資産運用もやってるよ。


ついったー

お問い合わせフォーム

筆者の知識や経験であなたの力になれますか?

必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックすると、運営者宛にメールが送信されます。

ブログ内リンク

レビュー・改造系記事まとめリンク レビュー・改造系記事まとめリンク
PC・トイカメラなどのレビュー記事リストです。

DTM機材レビュー記事まとめリンク DTM機材レビュー記事まとめリンク
DTM機材に関するレビュー記事リストです。

クラブ関連記事まとめリンク集 クラブ関連記事まとめリンク集
音楽を流すクラブにいってきた話まとめ。

トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク トラブル・お悩み解決系記事まとめリンク
ソフトのインストールなどで躓いた記事リストです。

サイト作り系まとめリンク サイト作り系まとめリンク
サイトのアクセス増、ユーザビリティに関する記事リストです。

忍者ブログカスタマイズまとめリンク 忍者ブログ運用術から収益化まで
忍者ブログ運用術から収益化までをまとめた記事リストです。

雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク 雅楽の舞改めポーチュラカリア成長記事まとめリンク
2011年から育てている雅楽の舞に関する記事リストです。

とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク とちにすいはら式+アクセスアップ経過記録まとめリンク
本ブログのアクセス推移を記録した記事リストです。

お金持ち本まとめリンク お金持ち本まとめリンク
筆者が読んだお金持ち本あれこれまとめリンク。

無職関連の記事まとめリンク 無職関連の記事まとめリンク
無職関連の記事リストです。

スマホでUSENの記事まとめリンク スマホでUSENの記事まとめリンク
スマホで使える有線放送まとめ。データ量も測ってみました。

最新コメント

[11/14 管理人]
[11/11 鈴木隆夫]
[01/20 かんりにん]
[01/20 シモハチ]
[04/03 かんりにん]

フリーエリア

QRコード

とちにすいはら式+

サイトご利用上の注意

ブログ記事の著作権はとちにすいはら式+にあります。 引用される際には、必ず引用元として弊ブログのURLも記載していただくようお願いいたします。 記事の一部もしくは全ての無断転載はご遠慮ください。

記事を参考にされる際には、自己責任にてお願いいたします。